日本の漁業は崖っぷち

2012年5月15日

»著者プロフィール
閉じる

片野 歩 (かたの・あゆむ)

水産会社 海外担当

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『魚はどこに消えた?』(ウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

「国際的視点」欠く日本の水産業

 最前線で各国と買付け交渉をしていると、いつまで同じように水産物を買付けできるのか疑問に思うことがあります。日本は08年時点では、金額ベースで世界最大の水産物輸入国ですが(数量での世界最大は中国)、各国が水産物輸入数量を増加させているのに対し、日本は減少しています。輸入数量が減少すること自体は仕方がないことだと思いますが、これに加え、水揚げが減少している現実が続くと近い将来、どのようなことが起きてくるのか? ということです。

 日本人にとって海や水産物は非常に身近なものです。しかし一方で、国際的な視点で日本の水産業を捉えている情報源はほとんどありません。そこで、日本の水産業が抱える問題と「何をどうしたらよいのか」について、次号以降でご説明していきたいと思います。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

 

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る