イスラエルが対IS戦に加わらない理由


世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察するコラム。

»最新記事一覧へ

ワシントンポスト紙コラムニストのイグネイシャスが、イスラエルでの対イスラム国戦のシミュレーションを見聞し、1月26日付同紙に「イスラエルはなぜイスラム国について慎重なのか」との論説を書いています。論旨は次の通り。

iStock

 イスラエル国家安全保障研究所(INSS)は、「ISがシリア国境でイスラエル軍偵察隊を攻撃、4人を殺害、ヨルダンの国境検問所も襲撃し、シリア南部のダアラ地域を占拠した」との想定で、米、ヨルダン、イスラエルの代表も参加した戦争シミュレーションを行った。

IS攻撃に慎重なイスラエル

 イスラエルとヨルダンの代表は、報復はしつつも、テロリストに対する激しい戦闘を回避し、米国のリーダーシップを見守る方針を取った。ISとの紛争には、米国が関与を強めても、イスラエルとヨルダンはシリアの混乱した内戦に引きずり込まれないように慎重さと自制心をもって行動する、との結果が出た。

 イスラエル・チームを率いたAssaf Orion退役将校(イスラエル軍の元計画立案スタッフ)は、「我々はイスラエルを紛争から遠ざけておくことが重要と信じている」と言った。戦争シミュレーションでは、イスラエルは兵士殺害への報復はしたが、大規模な軍事作戦は避けた。ヨルダンもエスカレーションの回避を望んだ。ヨルダンの代表は、シリアに自国の軍を送ることは避け、難民と国内のテロリストの秘密細胞について懸念を示した。そして、ロシアとシリア政権の合同軍がISをシリア南部の拠点から駆逐することを望んだ。

 米国の代表John Allen将軍(最近まで米主導の有志連合のISに対する戦略を調整していた)は、「米国はイスラエルとヨルダンの安全保障を重要な国益と見ており、同盟国への如何なる攻撃に対しても報復のため戦闘機を派遣する」と言った。米軍の関与は、シミュレーションでも現実でも増大している。

イスラエルが本気を出せばISは3~4時間で駆逐可能

 このシミュレーションの結果に満足できないとすれば、現実に対してはなおさらであろう。ISが地域や国際秩序に対する重大な脅威であるとのコンセンサスは高まっている。しかし、イスラエルもヨルダンも、戦いの大部分を行っている米国を頼りにしている。

 イスラエルの軍司令部を訪問して、シミュレーションはイスラエル軍指導者の紛争への見方を正確に反映している、と確信した。あるイスラエル軍高官は、「イスラエルは、北及び東の国境沿いのIS軍を攻撃するのではなく、抑止、封じ込め、ひそかな接触さえ望んでいる」と言い、「イスラエルがシリア南部とシナイ半島のIS軍への総攻撃をすれば、3、4時間で駆逐できるだろうが、その後事態は悪化するので、我々は抑止に努めている」と述べた。

 「イスラエルはISへの対応で蜂の巣をつつくようなことをしたくないが、米国は超大国であり、地域でのリーダーシップを維持したければISを押し戻す戦いを率いなければならない」と殆どのイスラエル当局者が言っている。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「世界潮流を読む 岡崎研究所論評集」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍