矢島里佳の「暮らしを豊かにする道具」

2019年5月24日

»著者プロフィール
閉じる

矢島里佳 (やじま・りか)

株式会社和える 代表取締役

1988年東京都生まれ。職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、大学時代に日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年時である2011年3月、株式会社和えるを創業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2012年3月、幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、 “0歳からの伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。テレビ東京「ガイアの夜明け」にて特集される。日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために様々な事業を展開中。

見よう見まねで「龍」を描く

写真提供:筆者

 お手本を見ながらどうやって龍を描こうかと考えていると、閃いたのが、太い筆で先に龍の胴体を描き、その上から、細い筆で目やらヒゲやら手やら、書き加えていくという手法だ。

 職人さんからは、普通は逆で、職人はその描き方はしないとのこと。しかしながら、素人の私がやるには良さそうということで、早速思い切って一筆書きの龍の胴体を描いてみた。ああしなさい、こうしなさいと言われず、たた器と筆と絵の具を渡されて、思い思いに描き始めることで、生まれる新たな表現方法もあるのだなぁと感じた。

写真提供:筆者

 実際にやってみて難しいと感じたのは、

・やり直しがきかないので、思い切って描かないといけない。

・そもそも筆が思うように動かないので、あらぬ方向に筆が行こうとする。

・絵の具の濃淡が目でわからないので、焼き上がらないと正直どのくらい薄くなるのか、濃くなるのかまったく見当がつかない。これが熟練の感覚が最も必要なところのような気がした。

 なんとか慣れない筆を操り、描き切ったのがこちら。

写真提供:筆者 写真を拡大

 さて、焼かれるとどのようにでてくるのか、最後にお見せしたい。

関連記事

新着記事

»もっと見る