故郷のメディアはいま

2012年11月15日

»著者プロフィール
閉じる

小田桐 誠 (おだぎり・まこと)

ジャーナリスト

1953年、青森県生まれ。亜細亜大学法学部卒業。出版社勤務を経てフリーのジャーナリストに。2004年7月から4年間、放送専門誌『GALAC』編集長。現在、法政大学と武蔵大学社会学部兼任講師。BPO(放送倫理・番組向上機構)「放送と青少年に関する委員会」委員、NPO法人放送批評懇談会常務理事・選奨事業委員長。近著に『NHK独り勝ちの功罪』(ベスト新書)がある。

 つまり大震災発生の11日前に局の共有意志になったばかりだったのである。情報に飢えていた被災者にとっては欠かせない情報ツールとなった。震災発生以降のフォロワーはピーク時におよそ2万人を超え、今では当初の目的通りに自局番組の宣伝に大きな威力を発揮している。

 またユーストリームのライブ・録画合わせた視聴者数は1万ユーザーを越えた。ユーストリーム配信のノウハウは、毎年放送しているラジソンだけではなく、ラジオとテレビのサイマル放送(同時放送)にも生かされることになった。

 60年近い放送で培った蓄積に新たな媒体が加わり、聴取者・視聴者の信頼と放送各賞の受賞を勝ち取ったIBC岩手放送。まさに「IBC岩手は負けない!」の心境だろうか。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る