前向きに読み解く経済の裏側

2016年8月8日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

情報には悲観バイアスが多い

 上記を総合的に見ると、悲観的な情報の方が楽観的な情報よりも発信されやすいと言えるでしょう。しかもマスコミの悲観論選好がこれを助長しかねません。

 極めつけは、不安を煽って商品を売りつけようと考える人々が少なくないことです。霊感商法で壷を売り付ける人は問題外ですが、インフレ懸念を煽って投資商品を勧めたり、様々な人々が似たような意図を持っていると考えた方が良いかもしれませんね。

 筆者は、様々な情報を収集する際には、こうした悲観バイアスがかかっていることを念頭に置いて、「集まった情報の平均値よりも、少しだけ楽観的な方に修正した辺りが真実の姿かもしれない」といった微調整を行なうことにしています。御参考になれば幸いです。

【参考記事】

 本稿によって、世の中の情報が悲観的すぎることが御理解いただけたと思います。これを修正した上で将来を予測してみたのが、下記の拙稿です。こちらも併せてお読みいただければ幸いです。修正しすぎて超楽観になっていると感じる読者もいるかも知れませんが(笑)。

少子高齢化で日本経済が迎える黄金時代

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る