前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2016年11月5日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

家庭を持つと財布のひもは固くなる

 独身であるほうが贅沢だなんて、にわかには信じられないかもしれません。確かに家庭によって差はありますが、結婚して家庭を持つと、それまで何の迷いもなく使えていたお金を、自由に使えなくなることも多いのです。それは、たとえ夫婦共働きであってもです。

 夫婦で家計を支えていく場合、収入は2人分になりますから、1人でやりくりするよりはゆとりがあるはずです。ですが家庭を持つと、独身にはない出費も出てきます。出産や育児、教育にかけるお金や、双方の実家とお付き合いするうえでのお金などです。子どもが生まれれば、日常の生活費もアップします。すると、意外にも独身の頃よりも自由に使えるお金は少なくなるのです。

 ところで、私は先日、久々に旅行に出かけたのですが、独身時代から使っていた旅行サイトの利用履歴を見て驚いてしまいました。独身の頃に宿泊したホテルを、とても高いと感じてしまったのです。当時は1人分の宿泊代で済みましたが、今は家族の人数分かかると考えると、負担感が2倍にも3倍にもなるからです。独身の時の金銭感覚を家庭に持ち込むのは、かなりハードルが高いことなのだと実感しました。

 旅行だけではありません。思えばヘアサロンに行く回数は半分以下に減りました。大好きだったネイルもすっかりご無沙汰しています。あちこちのブランドを試しては効果を楽しんでいたコスメも、ずいぶんランクダウンしました。

 もちろんこれは一例であって、結婚後も変わらずお金をかけている人もいます。ですが、経済的な問題を抜きにしても、おこづかい制にしていたり、旦那さんから「そんなことにお金を使うな」と言われて自由にお金を使えなかったりすることもあります。結婚したらしたで、お金の制約がないわけではないのです。

関連記事

新着記事

»もっと見る