Wedge REPORT

2015年5月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

宮家邦彦 (みやけ・くにひこ)

キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1978年東京大学法学部卒業後、外務省入省。日米安全保障条約課長、在中国大使館公使などを歴任し、2005年退職。総理公邸連絡調整官などを歴任し、09年より現職。

 最後に1点強調したい。パブリック・ディプロマシーの本質は、反日宣伝・レトリックを「論破すること」よりも、市民レベルで心と心を「触れ合わせること」である。されば、公の場での情報発信にせよ、文化を通じた芸術的体験の共有にせよ、その最終目的はあくまで相手国との「和解・共感」でなければならない。

 その意味で、広報文化外交は決して「勇ましいもの」ではない。むしろ、相手の心に刺さった棘を抜くような「温かいもの」であるべきではないか。これこそが00年から3年半、北京の日本大使館で広報文化を担当し、もがき苦しんだ筆者の個人的体験に基づく結論である。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る