海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年6月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 カリフォルニア州オークランドで開かれたサンダース上院議員の集会では、開門2時間前にはすでに何千人もの支持者が並んでいました。クリントン陣営とは異なり、サンダース陣営には若者の支持者が多いのは明らかでした。会場の入り口に設置されたメタル探知機は9台です。クリントン陣営のニューヨーク州民主党候補指名争いにおける勝利集会では、メタル探知機はわずか2台でした。この差も、両者の人気度を物語っています。ニューヨーク市クリントン選対の有給のスタッフが、「クリントン陣営は、集会の会場に支持者を1000人集めるのは大変なんだ」と漏らしていました。特に、クリントン陣営は若者の動員に苦労しています。

同じ有権者を狙うトランプ陣営とクリントン陣営(筆者撮影@カリフォルニア州サンフランシスコ)

オバマの援護射撃

 オバマ大統領はクリントン候補を支持表明し、同候補とサンダース上院議員の仲介役を務めました。では、共和党はどうでしょうか。12年米大統領候補であったミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事はトランプ候補と激しく対立し、ジョージ・W・ブッシュ前大統領は同候補に対して支持表明をしていません。共和党にはオバマ大統領の役割を果たせる仲介役が存在していないのです。党内の統一という一側面をみれば、民主党が有利に進んでいると言わざるを得ません。

 仲介役に加え、クリントン候補にとってオバマ大統領の選挙協力には種々のメリットが存在しています。まず、同大統領は若者の動員をかけることができます。12年米大統領選挙では出口調査によりますと、60%の若者(30歳以下)が同大統領に投票をしています。次に、アフリカ系並びにヒスパニック系の動員です。同年米大統領選挙の出口調査では、93%のアフリカ系及び71%のヒスパニック系が同大統領に投票しています。アフリカ系から圧倒的な人気がある同大統領のクリントン支持の呼び掛けは、影響が大きいことは間違いありません。

 ヒスパニック系に関して言えば、12年に続いて、16年においても本選の最中に、不法移民にメリットを与える大統領令を発令し、クリントン候補をアシストすることができます。さらに、08年と16年米大統領選挙で激戦州を勝ち抜いた同大統領は、今回の本選においてもオハイオ州やペンシルベニア州などでクリントン候補を援護できます。以上に加えて、来月開催される民主党全国党大会では、同大統領がクリントン候補は米軍の最高司令官になる資格があるというメッセージを送るでしょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る