BBC News

2020年10月29日

»著者プロフィール

オーストラリアの研究者たちはこのほど、絶滅の危機にひんしている魚90種以上が、世界中の産業漁業で合法的に捕獲されていることを突き止めた。

人間の乱獲によって魚の個体数が減少しつつある中、魚の代わりに「再生可能な水産資源」のクラゲをもっと食べようという声が上がっている。

一体、なぜクラゲなのか? その理由を、海洋生物学者のリサアン・ガーシュウィン博士が説明する。

ビデオ製作:イザベル・ロッド

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-54611583

関連記事

新着記事

»もっと見る