BBC News

2020年10月25日

»著者プロフィール

11月3日の米大統領選に向けてドナルド・トランプ大統領は24日、期日前投票を済ませた後、激戦州3州を次々と遊説して回った。挑戦者のジョー・バイデン前副大統領は、激戦州ペンシルヴェニアでドライブイン集会を開いた。

トランプ氏は24日午前、住民登録しているフロリダ州で期日前投票した。投票所になっているウェストパームビーチの図書館で投票したトランプ氏は、「トランプという名の奴に投票した」と記者団に話した。

ニューヨーク出身のトランプ氏は昨年、住民登録と有権者登録をフロリダ州に移した。同州の投票所で直接投票するのはこれが初めて。今年初めの共和党予備選では、郵便で投票していた。

今回投票した後、トランプ氏は「安全がしっかり確保されていた。投票用紙を郵送するより、ずっと安全だ」と述べた。しかし、選挙の専門家はのきなみこれを否定し、郵便投票は直接投票と同じくらい安全だとしている。

トランプ氏はこれまでに繰り返し、郵便投票は不正につながると主張しているが、それを裏づける客観的情報はない。

人口が多く選挙人29人(当選には270人必要)を擁するフロリダ州は、大統領になるためには落とせない州のひとつとされる。4年前には得票率1.2ポイント差でトランプ氏が勝ったが、現在の世論調査ではバイデン氏が1.5ポイント前後リードしている。

トランプ氏はこのフロリダ州を23日から遊説していた。

<関連記事>

投票後は、同様に勝敗に大きく影響する激戦州のノースカロライナ、オハイオ、ウィスコンシン各州を回った。

アメリカでは現在、中西部を中心に新型コロナウイルスの感染が再び拡大中で、1日に8万3000人以上の感染が報告されているが、トランプ氏の支持者集会には大勢が集まっている。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間25日午前現在)によると、アメリカで確認された感染者は累計857万人以上。死者は22万4000人以上。

トランプ氏「パンデミックは誇張されている」

ノースカロライナ州ランバートンの集会でトランプ氏は、アメリカの新型ウイルス・パンデミックはまったく誇張されていると発言。22日の大統領候補討論会でバイデン氏が、「暗い冬がやってくる」と警告したことをあざ笑った。

ほかにも、新型ウイルス検査を広範囲で実施するのは「良い」ことだが、報告される感染者数がそれで増えるため「とてもばかげた」ことだとも述べた。また、「政治さえなければ」アメリカはすでにワクチンを使えるようになっていたかもしれないとも発言した。


11月3日の投開票日に先駆けて、すでに5700万人という記録的な人数が期日前投票を済ませている。各地の投票所で1時間以上待つ行列もできているが、多くの有権者が感染対策などへの懸念から投票日当日の投票所の混乱を避けようとしているとみられる。

米フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授(政治学)たちが運営する選挙データサイト「U.S. Election Project」の集計によると、これまでに3860万人以上が郵便で投票し、1750万人が投票所で直接投票したという。


支持率で見ると、全国的な世論調査ではバイデン氏が平均して8ポイント前後、トランプ氏にリードしている。しかし、多くの選挙人を擁するいくつかの激戦州では接戦が続いている。

激戦州とは、情勢次第で共和党支持か民主党支持かで揺れ動き、かつ選挙人を多く抱える州を指す。今年は、ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルヴェニア、フロリダ、オハイオ、ノースカロライナなどが現時点では、どちらの候補が優勢かはっきりせず、勝敗を大きく左右するとみられている。

バイデン氏「スーパースプレッダーになりたくない」

対照的にバイデン氏は、やはり激戦州の故郷ペンシルヴェニアを訪れ、2カ所でドライブイン形式の集会を開いた。大きな会場に車で集まった支持者に、「我々はスーパースプレッダーになりたくない」と述べた。

伝統的に炭鉱や鉄鋼業がさかんなペンシルヴェニアはかつて民主党の支持基盤だったが、2016年大統領選ではトランプ氏が僅差で勝った。現在の世論調査では、バイデン氏が5ポイント前後リードしているとされる。

パンデミックに対照的な姿勢

トランプ氏は22日の討論会や各地の集会で、パンデミックはもうすぐ終わると約束。バイデン氏は危機を誇張して有権者を怖がらせることで、支持を獲得しようとしていると繰り返している。トランプ氏は討論会でも、近いうちにワクチンが使えるようになり、ウイルスは消えていくと述べた。

一方で、科学者の意見を取り入れた対策の重要性を強調するバイデン氏は、トランプ大統領はもはやウイルス対策を諦めたのだと批判。もし自分が大統領になった場合は、各州知事にマスク義務化を要請し、全国的な検査体制を立ち上げ、個人用防護具の国内生産を命じると公約している。

さらに、COVID-19ワクチンが承認された暁には、アメリカの全国民に無償で提供すると表明している。

ワクチンの無償提供については、ホワイトハウスも同様の計画を9月に発表している。

(英語記事 US election 2020: Trump starts three-state campaign blitz after casting vote

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54672243

関連記事

新着記事

»もっと見る