あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2014年8月26日

»著者プロフィール

 レンタルは草履や巾着などを含む着物一式で、着付けもプランに組み込まれているため手ぶらで来店できる。着付けの所要時間は20~30分。一般の着物、浴衣のほか、倉敷の特産品であるデニムを使ったデニム着物も用意する。

 レンタル料金は、女性=3,780円~、男性=4,860円~、カップル=7,450円~。15時~翌12時までのナイトプランも用意する。

 店内ではオリジナルのデニム小物(シュシュ、コースター、ランチョンマット、メガネケースなど)も販売しており、将来的にはデニム和服全般(着物、作務衣(さむえ)、はっぴ、モンペなど)の販売、着付け教室の開講も予定している。

 「美観地区を着物で歩く人でいっぱいにしたいという夢がある」という寺尾さん。現在、賛同する美観地区内の商店や飲食店の店員が着物を着る月例イベント「着物デー」も企画中という。「普段あまり観光地を歩かない地元の人にもぜひ着物を着て歩いてもらいたい」とも。

 営業時間は9時30分~17時。

* * *

 岡山県・倉敷の美観地区は、江戸や明治時代の建造物が多く残り、モダンな風景が広がる美しい街。そんな街を着物で歩けば、観光気分も盛り上がること間違いなしですね。

若者におしゃれな「着物古着」を!
気軽に着物を取り入れられる店

 古着の街としても有名な東京都・下北沢。着物もリサイクル品なら手頃なお値段で購入できるようです。

 下北沢に着物店「たんす屋」-系列店を拡張、ターゲット層広げる(下北沢経済新聞/2014/8/20)
http://shimokita.keizai.biz/headline/2087/

 若い女性客も多く、柄×柄の着こなしをするなどおしゃれに着物を楽しんでいるようですよ。

関連記事

新着記事

»もっと見る