2024年7月22日(月)

今月の旅指南

2014年4月25日

 また合戦行列では、長篠城主の奥平貞昌をはじめ、武田勝頼、織田信長、徳川家康以下各軍の武将、姫が、新城市役所鳳来(ほうらい)総合支所から長篠城址まで、約3キロの道のりを練り歩く。出演者は公募され、全国から参加者が集まる。武将役では、武田軍の撤退時にしんがりを買って出た馬場信房、家康に援軍を求める使者に立った鳥居強右衛門(とりいすねえもん)など、“武士の鑑”と語り継がれる忠臣の人気が高いのだとか。

戦国武将や姫が旧街道を練り歩く合戦行列

 「お祭りの日は例年3万人ほどの人出で賑わいます。できるだけ多くの方に見てもらうため、火縄銃の演武は午前、お昼、午後の3回実施します。その迫力を肌で感じていただきたいですね。会場には地元の小学6年生が長篠の戦いについて説明するちびっこ歴史ガイドに加え、郷土史研究家もおりますので、歴史についての質問にもお答えします」

 約450年前の合戦の地で、歴史に刻まれたエピソードをたどってみるのも一興だろう。

長篠合戦のぼりまつり
<期間>5月5日
<会場>愛知県新城市・長篠城址(飯田線長篠城駅下車)
<問>新城市観光協会☎0536(32)0022
http://shinshirokankou.com/event/nobori.html

◆「ひととき」2014年5月号より

 

 

 

 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る