前向きに読み解く経済の裏側

2017年10月22日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

資産運用は増やすためではなく目減りさせないため

 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と言われるように、儲けるためにはリスクをとる必要があります。したがって、「老後の蓄えが不足しているから資産運用で儲けよう」と考えるのは危険です。失敗すれば、もともと不足している老後資金が一層不足してしまうかもしれないからです。

 しかし、老後のための資金を全額銀行預金で持っているのもリスクです。インフレが来たら、老後の蓄えが目減りしてしまうからです。つまり、株やドルを買うのもリスク、買わずに全財産を預金で持っているのもリスクなのです。そこで、リスクを最小限にするために、資産運用を行なうのです。

 したがって、資産運用で資産を増やす事を期待してはいけません。資産を増やすのは、第1に働くことによってであり、第2に生活を見直すことによってであり、第3に節約によってです。

できるだけ働いて収入を増やそう

 自営業者は共働きの場合が多いでしょうし、定年がないので、夫婦揃って元気な間は働きましょう。サラリーマンは、定年がありますが、その後もできるだけ働きましょう。幸い、少子高齢化による労働力不足の時代ですから、高齢者でも働き口は見つかるでしょう。サラリーマンの妻も、働きましょう。「サラリーマンの妻は専業主婦」というのは、洗濯機も掃除機もコンビニ弁当もなく、子供が大勢いた時代の話です。

 サラリーマンの専業主婦が一定額以上に稼ぐと夫の扶養家族でなくなる、等々の理由から仕事量を抑えている人が多いようですが、一層のこと多額に稼いで厚生年金保険料を支払っておけば、老後の生活が安定しますので、そこまで頑張りましょう。

倹約の前に、生活を見直そう

 生命保険は必要でしょうか? 専業主婦と子供を養っているサラリーマンは、資産家の子でない限りは生命保険が絶対に必要でしょうが、独身者は生命保険が必要ですか? 火災保険は普通は必要でしょうが、不要な場合もあるかも知れませんよ。クレジットカードが何枚もあるならば、1枚にまとめませんか? 子供の習い事はコストに見合った果実を子供の将来に残してくれるでしょうか?

 自家用車は必要でしょうか? 田舎では必要でしょうが、都会ならば公共交通機関を活用すれば良いのではありませんか? ちなみに筆者は、自家用車を持っていません。かなり贅沢にタクシーを使っていますが、それでも自家用車の維持費と比べれば安いものですし、自家用車を持っていた時代に比べて歩く距離が長くなり、健康にもプラスになっています。

 こうしたことを検討し、生活を見直した結果、まだ老後資金が足りないならば、ビールを発泡酒に変えましょう。そうでなければ、あまり倹約ばかりしていると楽しくありませんから、適度な贅沢は「自分への御褒美」と考えましょう。あくまでも、適度な、ですが(笑)。

 今回は以上です。詳しくは、シリーズでお伝えして行きますが、老後資金の最強の柱である公的年金については、既に寄稿してありますので、拙稿「年金制度について、15分で学ぼう」を御参照下さい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る