WEDGE REPORT

2019年2月6日

»著者プロフィール
閉じる

矢沢彰悟 (やざわ・しょうご)

大学卒業後、スポーツカメラマンやライターとして活動するも、学生時代から携わっていたサッカー指導者としての道を本気で志すため2015年、スペインのバルセロナに。現地の監督養成学校にて監督ライセンスを取得し、現地の少年から大人までの監督、 コーチを歴任する。 スペイン監督最高ライセンスを取得し、現在は国内クラブの育成年代を指導する。

 心に残っている言葉がある。

 「成長とはできなかったことができるようになること。わからなかったことがわかるようになること」

 言い換えれば“弱点を克服する”ということになるだろうか。

 学生時代に先輩から聞いたこの言葉は私の中では大切にしている格言で、自分の姿を確認するたびに思い出すようにしている。

 自らの成長を望むことや、そのために努力することは、多くの人が一度は経験があることだと思う。落第点を及第点にすること。自分なりの理想や完璧な姿を目指すこと。その姿勢はどの世界においても大切だと思う。

選手たちが心地よくプレーできているか?はチームが機能するためには非常に重要な要素だ(筆者撮影)

 私が現在通っているスペインの監督養成学校に「Dirección de equipo(ディレクシオン デ エキポ)」という授業科目がある。直訳すれば「チーム指揮」となるこの科目は、監督としてチームを率いる際に注意すべきことや、心がけることなどを整理する内容だ。

 そこで「監督として持つべき能力」というテーマがあり、その中に「自分のキャパシティや弱点を知る」という項目があった。

 そこで講師から生徒たちに質問が飛んだ。

「自分の弱点となる分野についてはどうすればいい?」

 私の中では当たり前のように「最低限の知識を得るために勉強する」という回答が頭に浮かんだ。しかし、すぐさまスペイン人の生徒がこう回答した。

「その分野に詳しい人間をスタッフとして連れてくる」

 私のクラスメートや講師は全員スペイン人で、皆がその回答に納得しているようだ。他の意見は出てこない。

 私もそれは一理あると思ったので一瞬受け流しそうになったが、前述の先輩からの言葉も捨てきれず「最低限の勉強や知識を得る努力は必要じゃないか?」と講師に発言した。するとこう答えた。

「それも確かに大切な姿勢だ。監督というチームで一番上の立場に立つ者として、必要なことだろう。だが監督が全ての分野でエキスパートになれるわけではない。だからスタッフというチームを組む必要があるんだ。監督は全てに優れた完璧な存在である必要はないし、そんなことはそもそも不可能なんだよ」

関連記事

新着記事

»もっと見る