BBC News

2019年10月21日

»著者プロフィール

オーストラリアの主要新聞は21日、文字の大部分を黒塗りされ「極秘」のスタンプが押された文書を、そろって1面に掲載した。政府が報道規制の動きを示していることに抗議するもの。

紙面で抗議したのは、ニューズ・コープ・オーストラリアとナインの両メディアグループ傘下の新聞各紙。両グループが足並みをそろえるのは珍しい。

前日には政府が、6月に警察の家宅捜索の対象になった3人の記者について、訴追される可能性があると改めて強調していた。

メディア家宅捜索に批判

オーストラリアでは6月、警察が公共放送ABCのシドニー本社とニューズ・コープ・オーストラリアの記者宅を家宅捜索し、激しい批判が沸き起こった。

メディア側は、内部告発者の情報をもとに、オーストラリア軍による戦争犯罪の疑いや、政府当局による市民監視の疑いを報じたことが、捜査の背景にあると主張。

安全保障に関する法律が報道の自由を制限し、オーストラリアに「秘密の文化」を生み出していると非難している。

一方、政府は報道の自由を擁護するとしつつ、「誰も法の上に立つことはできない」との姿勢をとり続けている。

スコット・モリソン首相は20日、「法治主義」は維持される必要があると強調。「それは私も、どのジャーナリストも、他の誰もが対象となる」と述べた。

<関連記事>

「何を隠そうとしているのか」

今回の行動は、「知る権利連合(Right to Know Coalition)」が企画。テレビやラジオの放送局や、オンラインメディアも支持する姿勢を示した。

ニューズ・コープ・オーストラリアのマイケル・ミラー会長は21日、ツイッターで、オーストラリアン紙やデイリー・テレグラフ紙などの1面画像とともに、国民は政府に「私から何を隠そうとしているのか?」と問いかけるべきだと訴えた。

https://twitter.com/michaelmillerau/status/1186043213011795968


同社の主なライバルで、シドニー・モーニング・ヘラルド紙やエイジ紙を発行するナインも、同様の呼びかけをした。

同紙編集長のリサ・デイヴィズ氏は、「これはジャーナリストのための行動ではない。オーストラリアの民主主義のためだ」とツイートした。

https://twitter.com/lisazdavies/status/1186001878561087488


ABCのデイヴィッド・アンダーソン社長も、「オーストラリアは世界で最も秘密主義の民主国家になる危機にある」と表明した。

知る権利侵害と非難

今回の行動でメディア側は、過去20年間に安全保障関連の法律が複数制定され、調査報道を困難にし、市民の知る権利を侵害していると主張している。

昨年には、スパイ行為に対抗する新たな法律が成立。メディア側は、際どい情報を扱うジャーナリストと内部告発者は規制対象から除外されるべきだと訴えている。

また、情報の自由や、名誉毀損の法律をめぐる改善も求めている。

(英語記事 Australian newspapers black out own front pages

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50121363

関連記事

新着記事

»もっと見る