BBC News

2020年9月28日

»著者プロフィール

長年にわたり領土争いを続けているアルメニアとアゼルバイジャンが27日、近年で最大規模の武力衝突を起こし、少なくとも23人の死者が出たと伝えられている。

ともに旧ソ連を構成していた両国は、ナゴルノカラバフ地域の帰属をめぐって30年以上対立している。

同地域はアゼルバイジャンの一部として国際的に認められているが、アルメニア系の住民が実効支配している。

1990年代に独立を宣言した際には、戦闘で数万人の死者が出た。その後も散発的に戦闘を繰り返しており、今年7月の国境地帯での衝突では16人が死亡。アゼルバイジャンの首都バクーでは近年最大規模のデモが起こり、ナゴルノカラバフの奪回を訴えた。

ヘリコプターを撃墜

アルメニア防衛省によると、ナゴルノカラバフの主要都市ステパナケルトを含む、民間人居住地域で27日朝、攻撃が始まった。

アルメニアはヘリコプター2機とドローン3機を撃ち落とし、戦車3機を破壊したと述べた。


一方、アゼルバイジャン防衛省は、ヘリコプター1機を失ったものの、乗組員は生存しているとした。また、アルメニアの防空システムを12カ所破壊したと発表した。

アルメニアの爆撃により、アゼルバイジャンの1家族の5人が死亡したとされる。

ナゴルノカラバフの独立派は、同派の部隊の16人と女性と子ども1人ずつの計18人が死亡し、約100人が負傷したと述べた。

戒厳令が敷かれる

アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は27日、「私たちの反撃により、不正な30年にわたる占拠は終わる」と述べ、再びナゴルノカラバフを掌握することへの自信を示した。

アゼルバイジャンとアルメニアの一部とナゴルノカラバフには、軍が非常事態として統治権を握る戒厳令が出されている。


アルメニアは国家総動員も宣言した。

同国のニコル・パシニャン首相は、アゼルバイジャンによる「計画的な侵攻」があったとし、「神聖な祖国を守る用意をせよ」と呼びかけた。

また、「大規模戦争」が目前に迫っているとし、国際社会に地域の安定への協力を求めた。

エネルギー市場に影響か

両国がある南コーカサスは、カスピ海の原油や天然ガスを国際市場に運ぶパイプラインが延びている。そのため、この地域での戦闘行為は、エネルギー市場に影響を及ぼす。

トルコのレジェプ・タイイップ・エルドアン大統領はアゼルバイジャンを支持すると表明。国際社会に対し、アゼルバイジャンによる「侵略と残虐行為との戦い」を支援するよう訴えた。アゼルバイジャンはトルコ系住民が大多数を占め、トルコとの関係が深い。

BBCのレイハン・ディミトリ・コーカサス特派員は、トルコの強力な支援が、アゼルバイジャンに大胆な行動を取らせた可能性があると解説した。

一方、アルメニアを支持するとされるロシアは、即時停戦と状況を沈静化させるための協議を求めた。

国際社会が停戦呼びかけ

衝突に関連して国際社会には以下のような動きがある――。

  • 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は「極めて憂慮している」と述べ、戦闘の停止を呼びかけた
  • 国内にアルメニア系住民の大規模コミュニティーがあるフランスも、即時停戦と対話を訴えた
  • アゼルバイジャン、アルメニア両国と国境を接するイランは、平和交渉の仲介役を申し出た
  • アメリカのドナルド・トランプ大統領は、戦闘停止の方策を探っていると述べた

(英語記事 Armenia and Azerbaijan battle over disputed region

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54321011

関連記事

新着記事

»もっと見る