Wedge SPECIAL REPORT

2021年10月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

沖 大幹 (おき・たいかん)

東京大学大学院工学系研究科教授

東京大学総長特別参与。1989年東京大学大学院工学系研究科修了、93年博士(工学)、気象予報士。国連大学上級副学長、国際連合事務次長補も兼務する。著書に『水の未来』(岩波新書)や『水危機 ほんとうの話』(新潮選書)。

「Wedge」2021年7月号では、特集「資源ウォーズの真実 資源ウォーズの真実 砂、土、水を飲み込む世界」で、生命に欠かせない水資源の特性と世界の動きをレポートしております。ここでは、日本が関与しなければならない水に関する国際的なルールづくりに関する記事の内容を一部、限定公開いたします。全文は、末尾のリンク先(Wedge Online Premium)にてご購入ください。

 菅義偉前首相が宣言した2050年のカーボンニュートラル実現を目指し、気候変動を考慮する企業や組織が増える一方で、「水リスク」についてはあまり関係ないとの考えがまだ大半かもしれない。

 しかし、水循環は気候システムの一部であり、気候変動のほとんどは「水」を通じて人間社会に悪影響をもたらす。洪水や渇水の頻度増大のみならず、緩和策のためのバイオ燃料作物の栽培増大は水と土地利用を通じて食料生産に負の影響を及ぼすと憂慮される一方で、水温も上昇し、冷却水を河川や湖沼からの取水に頼っている大陸の火力発電所や原子力発電所の効率低下や操業停止のリスクもある。

自動車をはじめ工業製品には水が不可欠であり、その「水リスク」を世界各国の企業が注目する (BLOOMBERG/GETTYIMAGES)

 昨今では、主要20カ国・地域(G20)の要請を受け、金融安定理事会が設置した気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が求める気候変動関連リスクおよび機会に関するガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標を各企業が適切に確立し実施することが求められている。すなわち、各企業にとって「気候変動に伴う水リスク変化の把握」は必須であり、世界的にその重要性は増している。

 本稿では世界経済フォーラムが「人間の健康や経済活動に有害な影響を及ぼすほどの、利用可能な水資源の量と質の著しい低下」と定義する水危機をもたらす水リスクに焦点を当てる。

有史以来の整備で
水リスクを軽減してきた日本

 日本は水が豊かな国だから水が足りなくなるリスクや情報開示にはあまり関係ない、と思う方が多いかもしれないが、それは大きな間違いである。

◇◆◇ この続きを読む(有料) ◇◆◇

 
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2021年7月号より
資源ウォーズの真実
資源ウォーズの真実

現代文明を支える「砂」、「土(レアアース)」、「水」─。

世界ではいま、これらの戦略資源の奪い合いが起こっている。

ありふれた素材の「砂」は高層ビルから半導体まであらゆるものに使われ、

「土(レアアース)」は世界の自動車メーカーが参入する電気自動車(EV)に欠かせない。

そして生命に欠かすことのできない「水」……。

それぞれの資源ウォーズの最前線では何が起こっているのか。

関連記事

新着記事

»もっと見る