インドでイクメン始めました 新任取締られ役の子育て・ビジネス奮闘記

2014年8月13日

»著者プロフィール

 ある日、現地スタッフにその話をしたときに、「インドには13億人もの人がいるから、どんどん仕事を分けていかないと、回らないからね。彼ら、ドライバーやティーボーイだってこの仕事で家族を養っているんだ」と言われたときに、人に任せることへの抵抗感がなくなっていきました。日本に帰った時が少し怖いですが、郷に入れば、郷に従えということで、人にどんどん任せようと思うようになりました。会社でやっていた介護セミナーでも「コーディネートも介護のうち」と言ってましたが、コーディネートもイクメンのうちと思うと、気楽になります。そう、全てを自分で抱える必要もないのです。

 その後、妻もママ共とランチ会に行ったり、語学学校に入会したり、娘をプレスクールの見学に連れて行ったりと、なかなかインドライフを満喫し始めました。

I氏奥様に教えてもらい見学にいった、プレスクールの教材

序盤からいきなりピンチ

 出だしは好調なものの、仕事の方は、非常に忙しくしています。丁度、プロジェクトの完成が迫る時期で、帰りも大分遅くなってきました。そして、家族がやって来て2週間目に、金曜、土曜、日曜の連続出張。大事な仕事なので、行かないわけにはいきません。I家族のおかげで、妻も徐々にコミュニティを広げつつあったので、何とかなるかなという油断もありました。

 金曜一仕事を終えて、ビールも飲んで気持ち良くなりながら、メールをチェックすると、妻からメールが、、、(嫁、了承のもと、ほぼ全文です)

インド来て色々な事を考えるんだけど、12月お兄ちゃんの結婚式で帰るタイミングまでこのままインドで生活するか単身赴任してもらうか結論出させてもらってもいいかな?
こっちの生活ってメイドさんやドライバーもいるし、単身赴任でも不自由ないんじゃないかな?と思うの。

関連記事

新着記事

»もっと見る