田部康喜のTV読本

2016年8月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 新一は本来なら東京大学に合格する実力を持ちながら、新潟の国立大学の理系の学部に進学し、院を卒業して東京のシステム開発会社に入社した。

 数々の伏線は新一に絡み合って、ドラマに恐怖の緊張感を与えている。新一に感情移入した観客は、新一のように幾度も叫び声をあげたくなるだろう。

社会的存在としての自分を失う恐怖

 「そして、誰もいなくなった」のタイトルはいうまでもなく、アガサ・クリスティーの名作と同名である。クリスティー作品では弧島で起きた連続殺人のあげくに、島から誰もいなくなる。

 今回のドラマは、現代の管理社会のなかでも、つながりのあった友人たちを自殺や事故で失うばかりか、社会的存在としての自分自身まで失ってしまう恐怖を味わうことになる。

 「HERO」などで知られる、脚本家の秦建日子が書き下ろし、代表作となりそうだ。

 ドラマの謎の行き着く先には、新一が開発した「ミス・イレイズ」の存在が浮かび上がってくるのだろう。

 「ミス・イレイズ」は本来、個人にとって忘れて欲しいような情報や自分の映像を消し去るシステムだった。さらに、そうした情報を別のモノにも置き換えることが可能である。

 新一の大学の友人で総務省の官僚になった、小山内保(玉山鉄二)はこのシステムに関心を寄せている。ドラマは省内の派閥抗争のなかで、小山内とその上司がこのシステムを利用して敵を追い落とそうしていることがほのめかされる。

 新一のパーソナルナンバーを乗っ取った男は、奇妙にも新一が大学時代に住んでいた同じアパートの一室に住所を置いていた。いったい誰が仕組んだのか。

関連記事

新着記事

»もっと見る