インド経済を読む

2019年12月6日

»著者プロフィール
閉じる

野瀬大樹 (のせ・ひろき)

公認会計士・税理士

大手監査法人にて、株式公開支援業務・法定監査業務・内部統制構築業務などに関わったのちに独立し、野瀬公認会計士事務所を設立。インドのニューデリーに、日本企業のインド進出を支援するNAC Nose India Pvt. Ltd.を設立し、代表に就任。日本インドの双方より、日系企業へのコンサルティング業務を行っている。近著に『お金儲けは「インド式」に学べ!』(ビジネス社)がある。

[著書]

 2019年ももうすぐ終わろうとしているが、この2019年という年は日本とインドの航空業界にとって大きな動きがある年だったと言えるのではないだろうか。

(LewisTsePuiLung/gettyimages)

 従来日系航空会社によるインド便は、ANAはデリー便とムンバイ便、JALはデリー便のみであり、あの日本の9倍もある広大な国土に対して日本からの移動は非常に不便だと言われていた。実際、南インドの主要都市であるバンガロール、チェンナイに行くには、一旦デリーに行ってから遅延や欠航が多いインド国内線に乗り換えるか、シンガポールもしくはバンコクでの経由便が一般的であった。そうなると到着が深夜になるケースも多く、それが日本人出張者を悩ませていたのだ。

 しかし今年の夏から、JALが成田からバンガロールへの直行便を、ANAが成田からチェンナイへの直行便をそれぞれスタートし南インドへの移動の利便性が格段に上がった。また、加えて来年春から、従来成田発だったデリー便がANA、JALともに羽田発に変更することも発表されている。羽田発になれば東海地方などから新幹線で品川→羽田と移動し、ウェブチェックインを済ませているのであればそのまま搭乗することも可能であるので、スズキやヤマハなど東海地区に拠点がありインドに進出している日系企業にとっては朗報だと言える。

 一つ目の南インドへのアクセス改善と合わせインドは時間的に非常に「近い」国になりつつあるのだ。実際新しい羽田⇔デリー便での羽田着の時間は両フライトとも朝の6時か7時、デリーを夜に出て機内で寝たらもう朝には東京に着いており、それが幸せなことかどうかはさておき、そのまま本社の始業時間に間に合ってしまうくらいだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る