BBC News

2022年5月11日

»著者プロフィール

トヨタ自動車は10日、日本国内の生産ラインについて、稼働停止を拡大すると発表した。上海の新型コロナウイルス流行によるロックダウンを受けた措置。

トヨタは4月、半導体不足の影響を受けて5月の生産計画を見直し、一部の工場で稼働を停止するとしていた。今回の発表はこれに追加するもので、16日から21日にかけて8工場14ラインを停止する。

4月の時点では5月のグローバル生産台数を75万台としていたが、今回の停止によって約70万台となる見通し。

自動車大手はこのところ、中国の新型ウイルス対策の影響を受けている。

上海では厳しいロックダウンが6週目に入り、人々や材料の移動に制限がかかる中、メーカーは生産に苦慮している。

テスラの上海工場でも

ロイター通信は、米電気自動車テスラが部品調達に問題が出たとして、上海工場の操業をほぼ停止したと報じた。

10日に同工場で製造されるテスラ車は200台以下と、4月の1日平均の約1200台を大きく下回っているという。

一方、同社のイーロン・マスク氏は10日に出席したイベントで、中国のロックダウン対策は「向こう数週間で大きな問題」にはならないだろうと述べた。

BBCはテスラにコメントを求めている。

(英語記事 Toyota cuts production due to Shanghai lockdown

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61403438

関連記事

新着記事

»もっと見る