あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年6月28日

»著者プロフィール

 せっかく名付けられた「富士見坂」の名前も、「元富士見坂」になってしまうのでしょうか。「日暮里富士見坂の眺望保全に住民ら動く-都知事らに要請書送付」(上野経済新聞/2012/8/16/http://ueno.keizai.biz/headline/1142/ )というニュースもある通り、これまで通りの富士見坂の景観を保てるようさまざまな市民運動も起きているようです。建設されたマンションや高層ビルからは、さぞ美しい富士山が見られるんだろうな……と皮肉なことを考えずにいられませんね。

静岡・山梨だけじゃない!
全国の「富士見」スポット

 有名なのは静岡県と山梨県の2県ですが、全国にはさまざまな富士山を観測できるスポットがあります。「広域立川圏各地で「ダイヤモンド富士」-天候次第で元旦に観賞も」(立川経済新聞2012/12/27/http://tachikawa.keizai.biz/headline/1358/)。遠出しなくても、元旦に富士山が見られるなんて、都内在住の人にとってはうれしいですね。

 また、三重県では、夫婦岩と皆既月食と富士山を一度に楽しめるという日も。「二見・夫婦岩の間から富士山と朝日、夏至の日前後に-16日早朝には皆既月食」(伊勢志摩経済新聞2011年/6/15 http://iseshima.keizai.biz/headline/1160/)。残念ながら、夫婦岩の間から朝日が昇るのは梅雨時期を含む2ヵ月間のみのため、撮影は困難なことが多いよう。一方で、夫婦岩と富士山と月を撮影できたという人もいたそう。「「二見夫婦岩と月と富士山」の撮影に成功-志摩市在住のカメラマン」(伊勢志摩経済新聞2011/12/27/ http://iseshima.keizai.biz/headline/1284/)。幻想的な夜の富士山と、赤い月は、思わず見入ってしまいますね。

 ほかにも、江ノ島や東京ゲートブリッジなど、富士山を見られるスポットは全国にあります。また、「富士見橋」や「富士見町」、「富士見台」など、「富士見」と名付けられた地名からは、富士山が見えることが多いそう。近くに「富士見」と名付けられた場所がある人は、一度出かけてみるのもいいですね。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る