2022年8月11日(木)

万葉から吹く風

2011年4月15日

»著者プロフィール

このくにで彩〔いろど〕っている
縁〔えに〕を結〔ゆ〕いて 生きている
十二色〔じゅうにいろ〕と 一色〔いちいろ〕あたし
四季咲いて 縁を結いて
この道をゆけ 白いそら

 その神社は音楽に霊験あらたかな弁財天をお祀りしているという。僕が訪れたのも偶然ではないだろうと宮司さんはおっしゃった。この「縁を結いて」は、奈良の神さまから託された歌だと思っている。

 オリジナリティーを見つけるのが難しい現代、もし自分を見失ったら奈良を訪れるといい。一人でもいいし、大切な人と手をつないででも、心の中に会えない人を想いながらでも。きっとあなたのゆく道が見えてくるはずだ。



 


   

◆「ひととき」2011年4月号より

 

 

 

  

 【特集】「東日本大震災」の関連記事はこちら

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

 

関連記事

新着記事

»もっと見る