前向きに読み解く経済の裏側

2018年8月13日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

暴落した分は戻るだろうと思い込むのは危険

 投資の初心者は「損切り」が下手だ、と言われます。損をしてしまうと、売らずに「塩漬け」にして、相場が戻るのを待っていて、さらに損を広げる場合が多い、ということのようです。高金利通貨が暴落した場合も、「いずれは正しい値段に戻るだろう」と考える場合が多いのでしょうが、それは危険なことです。

 さらには、高金利通貨が暴落した時に「今の値段は、正しい値段より遥かに安いはずだ。今買えば、いずれは価格が戻るから大儲けできるだろう」と考えて新たに買う人がいるかもしれませんが、それは大変危険なことです。

 高金利通貨が暴落して正しい値段を大幅に下回った時には、上記のような「さらに暴落させる力」が働きます。もちろん、「正しい値段に戻る力」も働きますから、どこかで後者が前者を上回れば良いのですが、結局最後まで戻らない場合もあります。為替の暴落が実体経済を壊してしまう場合です。

 あるいは、最後には後者が前者を上回るとしても、投資の初心者の場合にはその前に「この世の終わりが来そうな気がして売ってしまう」リスクもありますね。

 正しい値段に戻る力、為替暴落が実態経済を壊してしまう力、などについては次回に詳しく記します。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る