BBC News

2019年10月8日

»著者プロフィール

シリア北東部から米軍を撤退させるといきなり表明したドナルド・トランプ米大統領は7日、それによってトルコが「行き過ぎた」行動をとるようなことがあれば、トルコ経済を「破壊する」とツイートした。

トランプ大統領は6日、トルコによる軍事作戦に関与しない方針だと発表。これに対し、トルコがクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」への攻撃を開始する道を切り開くことになりかねないなどと、身内の与党・共和党内からも批判が殺到した。

米軍撤退は「裏切り」と批判

アメリカを中心とした連合国がシリアで過激派勢力「イスラム国」(IS)を破ることができたのは、クルド人勢力の協力によるところが大きい。

YPGは、トルコ南部と国境を接するシリアで活動している。YPGはシリア民主軍(SDF)の大部分を占めており、SDFはアメリカ軍の支援を受けてイスラム過激派組織IS掃討に貢献した。

米国務省高官によると、米軍はシリア国内に約1000人を派遣しており、そのうち20人以上が北部国境地域から撤退したという。

クルド人部隊は、米軍撤退を「裏切り」と呼び、IS復活を促進し、トルコからの攻撃にクルド人部隊をさらすことになると批判した。

SDF報道担当のキノ・ガブリエル氏は、ドバイのニュースチャンネル「アル・ハダス」に対して、トランプ政権の動きは「予想外で、SDFにとって裏切りだ」と述べた。

アメリカはトルコをけん制

トルコ国防省はツイッターで、安全地帯確保はシリア人や地域の平和のために「必要不可欠」だと書いた。また、「軍事行動の準備が整った」とツイートした。

トルコ政府は、YPGをテロ組織と認定。クルド人地域のトルコからの独立を訴えているクルド労働者党(PKK)も、YPGと関係していると考えている。

トランプ氏による突然のシリア撤退発表を受け、米国防総省や米国務省高官も、トルコによる軍事作戦を承認しないと表明した。国防総省のジョナサン・ホフマン報道官は声明で、「国防総省は、トルコに対しはっきり申し上げる。我々は大統領が発表した、シリア北部へのトルコによる軍事行動を支持しない」と述べた。

こうした批判を受け、トランプ氏はツイートの連続投稿で、自分が下した決定を利用しないよう、トルコ側に警告した。

「前にも強調したことだが、繰り返し言う。もしトルコが行き過ぎた真似をしたと、僕が自分の偉大で比類なき英明さによって判断すれば、僕はトルコ経済を完全に破壊し抹消するだろう(前もそうした!)。トルコは欧州やそのほかの国々と共に、捕虜にしたISIS戦闘員やその家族を監視しなくてはならない」と、トランプ氏は書いた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1181232249821388801

トランプ氏はこれに先立ち、「自分は、こういうばかげた終わりのない戦争からこの国が抜け出せるようにするため、当選したんだ」とも書いていた。

「安全地帯」確保目指す

トランプ氏との電話会談でレジェプ・タイイップ・エルドアン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)が今年8月に約束していた、シリア北東部の「安全地帯」確保が遅れていることに苛立っていたという。

トルコは、この安全地帯からYPGの戦闘員を完全に排除したい考え。また、シリア内戦などでトルコ領内に避難してきたシリア難民360万人のうち、最大200万人をこの安全地帯に移住させたいとしている。

大惨事を招く

共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務は、「シリアからの米軍部隊の時期尚早の撤退はロシアやイラン、そしてアサド政権に恩恵を与えるだけだ」と述べた。

従来は強力なトランプ支持者のマコネル氏は声明で、今年1月に上院が、ISの脅威にさらされるシリアでの米軍の駐留継続を可決したことに言及。超党派による可決につながった状況は、現在も変わっていないと主張した。

同じく熱心なトランプ支持者の共和党重鎮、リンジー・グレアム上院議員は、大統領の決定は「大惨事を招くもの」だと述べ、決定の無効を求める上院決議案を提出する考えを示した。

トランプ政権を代表する国連大使だったニッキー・ヘイリー氏は、クルド人はISに対する「戦いの成功に不可欠だった」と述べ、そのクルド人を「見殺しにするのは大きな間違いだ」と批判した。

野党・民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、トランプ氏の判断を「向こう見ず」で「見当違い」だと批判し、大統領は「この危険な決定を撤回しなくてはならない」と呼びかけた。

トランプ政権のIS掃討担当特使だったブレット・マガーク氏は、トランプ氏の決定は「現場で何が起きているのかまったく理解していない」と示したに等しいと批判した。

<解説>上院共和党を味方にしておかないと――アンソニー・ザーカー北米担当記者

昨年12月19日、トランプ大統領はISがシリアで敗れたと宣言し、米軍約2000人を「全面的に」「速やかに」撤退させるといきなり発表した。この時も激しい批判が相次ぎ、最終的にはジェイムズ・マティス国防長官が辞任した。

当時のトランプ氏は結局、撤退を取り消した。しかし、大統領に当時反対した人たちの勝利は、一時的なものだったようだ。前回同様、トランプ氏は今回の撤退もトルコのエルドアン大統領と電話で話した後に発表した。

前回と異なり、今のホワイトハウスには大統領に反対できる側近があまりいない。そして前回と異なり、今のトランプ氏は連邦議会による弾劾調査にさらされている。民主党が多数を占める下院が弾劾決議を可決すれば、上院はトランプ氏に対する弾劾裁判を開くことになる。そうなれば、トランプ氏は解任されないよう、上院で戦うことになる。

その場合、トランプ氏は上院共和党の支持を確保しておかなくてはならない。それにもかかわらず今回の撤退決定によって、これまでトランプ氏に忠実だった上院共和党幹部のリンジー・グレアム議員やミッチ・マコネル院内総務まで、大統領の判断に疑問の声を上げる羽目になった。

大統領は、危ういタイミングで大きな賭けに出ている。理由がなんであれ、それだけの価値はあると判断したようだ。

(英語記事 Trump warns Turkey over US Syria troop pullout

提供元:https://www.bbc.com/japanese/49968577

関連記事

新着記事

»もっと見る