BBC News

2020年8月2日

»著者プロフィール

南アフリカの保健省は1日、同国の新型コロナウイルス感染者数が50万人を超えたと発表した。

ゼウェリニ・エムキゼ保健相は、1日に新たに1万107人の感染が確認され、全体で50万3290人になったと説明。死者はこれまでに8153人に上っている。

南アフリカはアフリカ大陸で最も感染被害が大きく、大陸全体の感染者の半数が集中しているという。

世界全体では、アメリカ、ブラジル、ロシア、インドに続き、5番目に感染者の多い国となっている。

専門家は、同国での新型ウイルスによる死者数は、実際にはもっと多いのではないかと指摘している。

<関連記事>

保健当局によると、南アフリカでは感染率が急上昇しており、特に首都プレトリアで患者が増えている。

また、感染者の3分の1以上が金融の中心地、ハウテン州に集中しており、アウトブレイクの中心地になりつつあるという。

感染のピークは、1カ月以上先になるとみられている。

南アフリカは4月と5月にアルコール飲料の販売禁止を含む厳格なロックダウン(都市封鎖)を敷き、新型ウイルスの流行拡大を抑えてきた。

6月には段階的な封鎖緩和を行ったものの、7月に再び感染者が増えたのを受けてロックダウンを再開。8月15日までは非常事態宣言も発令されている。

COVID-19患者の増加により、南アの病院は大きな負担を強いられている。BBCの調査では、数々の構造的な欠陥によって医療従事者が疲弊し、医療システムが崩壊寸前にある状態が明らかになった。

シリル・ラマポーザ大統領は7月、新型ウイルス患者向けの2万8000床を用意しているが、なお医療従事者が「深刻に」不足していると話した。

世界保健機関(WHO)も先週、南アの現状は今後、アフリカ大陸全体に広がる事態の前兆だと警告している。

(英語記事 South African virus cases pass half million mark

提供元:https://www.bbc.com/japanese/53626154

関連記事

新着記事

»もっと見る