BBC News

2020年10月6日

»著者プロフィール

旧ソビエト連邦のキルギスで5日夜、前日の議会選挙の無効を訴える抗議デモ参加者らが、首都ビシケクの国会議事堂になだれ込んだ。

現地の映像では、人々が議事堂の窓から書類を投げたり、ソオロンバイ・ジェエンベコフ大統領の執務室に入り込んだりしている。

中央アジアのキルギスでは、4日に議会選があった。議席を獲得した政党は、候補者を出した16政党のうちの4つにとどまり、その中の3つはジェエンベコフ大統領に近い政党だった。有力2政党の得票率は、それぞれ約25%に上った。

野党勢力は不正があったと主張。市民ら数千人がデモに参加している。


デモはビシケクで4日に始まった。警察は警官隊は放水銃や催涙ガスを使って、参加者らを解散させた。

5日には、ビシケク中心部のアラ・トー広場に5000人近くの抗議デモ参加者らが集まった。警官隊はこれを解散させ、参加者を追いかけるなどした。しかしデモ参加者らは再び広場に戻り、ホワイトハウスと呼ばれる議事堂になだれ込んだ。

ソーシャルメディアに投稿された動画では、抗議行動者らがフェンスをよじ登ったり、メインゲートを押し開けたりして、議事堂などの政府施設に入り込んだ。その後、建物の窓から煙が上がった。

デモ参加者らは、政治指導者らとの面会が実現するまで、アラ・トー広場にとどまるとしている。


これまでに約120人がけがを負ったと報じられている。うち半数は警官隊とされる。

保健省は声明で、重傷者が数人出ているが、死者はいないと発表した。

地元通信社AKIプレスによると、抗議行動者らはアルマズベク・アタムバエフ前大統領を解放した。アタムバエフ氏は汚職疑惑がかけられ、治安当局に勾留されて裁判を待っていた。

選挙不正の訴え

4日の議会選挙をめぐっては、ジェエンベコフ大統領に近いグループが有権者を買収や脅迫したとの批判が出ている。欧州安全保障協力機構(OSCE)の国際選挙監視団は、この訴えについて「信用できる」とし、「深刻な懸念」が生じているとしている。

野党の12政党は5日、選挙結果を承認しないとする共同声明を出した。

大統領府は同日、ジェエンベコフ大統領が議会選に候補者を出した全16政党の指導者と6日に会い、緊張緩和に努めると明らかにした。


一方、野党の候補者らは、中央選挙管理委員会に選挙結果を取り消すよう求めた。候補者の1人は5日、5000人以上のデモ参加者らの群衆に向かい、「大統領は公正な選挙になるよう監督すると約束したが、それを守らなかった」と訴えた。

デモ参加者らは、ジェエンベコフ大統領の辞任も求めている。

(英語記事 Protesters storm parliament over Kyrgyzstan vote

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54430095

関連記事

新着記事

»もっと見る