BBC News

2020年11月12日

»著者プロフィール

イギリスで11日、新型コロナウイルスによる死者が欧州で初めて5万人を超えた。死者数が5万人を超えたのは、アメリカ、ブラジル、インド、メキシコに次いで5カ国目。

イギリス政府はこの日、過去24時間で新たに595人が死亡したと発表した。ウイルス検査で陽性が判明してから28日以内に亡くなった人は合わせて5万365人になった。

ボリス・ジョンソン英首相は、有効な新型ウイルスワクチンへの期待が高まっているものの、「我々は困難から脱していない」と述べた。

「すべての死が悲劇的だ」とジョンソン氏は付け加えた。「それ(新型ウイルスによる死)を扱う上で異なる段階に達したと考えている」。

英政府のデータによると、同国では11日に新たに2万2950人の感染が確認された。

イギリスでは新型ウイルスの感染流行が始まって以来、合わせて約120万人の感染が確認され、入院患者数は18万5000人を超えている。

<関連記事>

英政府発表の新型ウイルスによる死者数は、ウイルス検査で陽性が判明してから28日以内に亡くなった人のみが対象となっている。しかし別の2つの集計方法では、これよりも多くの死者が確認されている。

1つ目の方法では、生前にウイルス検査を受けていなくても、死亡診断書に新型ウイルス関連との記載がある人は全員含まれる。この集計方法で、10月23日までに6万人以上の死亡が確認されたと、直近のデータが示唆している。

2つ目の方法では、同時期に本来想定される死者数を上回る死者数を指す「超過死亡」を調べている。

通常この時期には死者数が増加するが、イギリスの国家統計局(ONS)や、スコットランドと北アイルランドの関係機関による最新データは、感染の第2波によって死亡率が過去5年間平均を上回っていることを示している。


最大野党・労働党党首のサー・キア・スターマーは、最新の死亡者数データは「悲惨な出来事」だとし、感染第1波の最中でのパンデミック対応が「遅かった」と政府を批判した。

スターマー氏は、新型ウイルスで家族を失った人々のために、政府には感染第2波に「うまく対応」する義務があると述べた。

英医師会(BMA)は教訓を学ばなければならないとした。BMAのチャアンド・ナグポール会長は、「この段階に決して到達すべきではなかった」と述べた。

「今日の数字(死者数)は、政府による不十分な準備や組織化、不十分な感染抑止対策、そして一般市民に対するメッセージ発信の遅れや、しばしば混乱を招くメッセージ発信による恐ろしい結果」だと、ナグポール氏は付け加えた。

また、政府は「あらゆる対応を綿密に調べる」公的調査を行い、「このような規模のことが2度と起こらないようにしなければならない」とも述べた。

反ワクチン派の主張は「ナンセンス」

イギリスのワクチン接種に関する合同委員会は11日、50歳未満の人に新型ウイルスワクチンをどのように提供すべきか決定していないと明かした。こうした中、同国の死者数が5万人を超えた。

「第1段階」でワクチンを摂取する、現在の優先順位リストでは、介護施設で暮らす人や働く人が対象となっており、段階的に60歳以上の人も受けることになる。

しかしこのリストは変更される可能性がある。予防接種に対する反応が弱いことが多い高齢者に、ワクチンがどう作用するのか細心の注意が払われている。

新型ウイルスワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーと独ビオンテック(BioNTech)は9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表した。これを受け、ワクチンの展開方法について注目が注がれている。

ジョンソン首相は1つのワクチンが利用可能になれば、全ての人にワクチン接種を促すとし、反ワクチンを主張する活動家たちの言い分は「全くのナンセンス」だと付け加えた。

首相官邸によると、ジョンソン氏は喜んで新型ウイルスワクチンの摂取を受けるつもりという。

ジョンソン氏は11日、ロンドン南東部にあるスーパー大手テスコの流通センターを訪問した際、ワクチン提供の見通しとウイルス検査の強化は新型ウイルスを「打ちのめす」「2つの大きなボクシンググローブ」だとしつつ、「そのいずれもKOパンチを繰り出せずにいる」と述べた。

「だからこそ、この国は規律を維持し、導入した措置を順守するため、引き続き懸命に取り組む必要がある」

(英語記事 UK coronavirus death toll passes 50,000

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54912750

関連記事

新着記事

»もっと見る