BBC News

2021年4月16日

»著者プロフィール

中国の国内総生産(GDP)が2021年1~3月、前年同期比で18.3%増えた。中国国家統計局が16日、発表した。

中国が四半期の成長率の記録を取り始めた1992年以降で、最大の伸びとなった。海外からの注文を受け工場が稼動を増やし、輸出が膨らんだことが大きい。

ただ、ロイター通信がまとめたエコノミストらの予測では19%の成長が見込まれていたが、それには及ばなかった。

また、経済が急激に収縮した昨年との比較であるため、今回の数値は実態とかなり離れており、力強い成長の指標としての役割はあまり大きくない。

中国の経済は昨年の第1四半期、新型コロナウイルスの全国的ロックダウンなどの影響で6.8%縮んだ。

この日発表された他の主要統計も同様に、前年比で大きく伸びた。

3月の工業生産高は前年比14.1%増加。同月の小売売上高は同34.2%上昇した。

国内消費も改善したものの、アナリストらは、不活発な状況が続いており、今後も停滞するとの見方を示している。

FX取引を扱うXM.comのピーター・マグワイア氏は、「中国政府は(新型ウイルスの)パンデミックの前から、個人消費を増やしてGDPを上げるのに苦労してきた。今は一段と難しくなっている」と述べた。

回復基調は明らかだが

それでも経済指標からは、中国経済の勢いが増し続けている状況がうかがえる。2020年第4四半期のGDP成長率は前年同期比6.5%増だった。

新型ウイルス対策で厳格な措置が取られ、緊急の経済対策も実施されたことで、中国の経済はゆっくりと回復している。

2020年には、中国は主要国の中で唯一、経済成長を記録した

ただ、世界第2位の経済大国ながら、成長率は2.3%にとどまった。ここ数十年間で最も低かった。

中国は2020年の経済成長率の目標は設定せず、2021年は6%を目標に掲げている。

中国の経済は回復基調が明らかだが、新型ウイルスはなおも影を落とし続けている。

(英語記事 China's economy grows 18.3% in post-Covid comeback

提供元:https://www.bbc.com/japanese/56769090

関連記事

新着記事

»もっと見る