BBC News

2022年1月13日

»著者プロフィール

イギリスのボリス・ジョンソン首相は12日の議会で、2020年5月に首相官邸の庭で開かれた「飲み会」に参加していたと認め、謝罪した。その時期同国は新型コロナウイルス対策で、厳しいロックダウンが実施されていた。与党幹部からも辞任を求める声が出ている。

「飲み会」をめぐっては、英ITVニュースが10日、ジョンソン氏の首席秘書官マーティン・レノルズ氏の名前で100人以上に招待メールが送られていたと報道。目撃者はBBCに、当日は30人ほどが参加し、ジョンソン氏と婚約者のキャリーさん(現夫人)もいたと話した。

他世帯の人とは屋外で1人としか会えない厳格なロックダウン中、「飲み物持ち寄り」のパーティーが開かれ、ジョンソンがが参加していたとの報道を受け、国内では怒りが高まっている。

ジョンソン氏は12日の首相質疑で、国民の怒りはもっともだとして謝罪。その怒りを鎮めることに努めた。

問題となった2020年5月20日の集まりについては、25分ほど出席したと説明し、激務の「職員たちに感謝する」のが目的だったとした。

そして、「職務上のイベントだと、暗に信じていた」と述べた。一方で、「今思えば、みんなを屋内に戻すべきだった」とも話した。

「職員に感謝する別の方法を探るべきだった。厳密には(感染防止対策の)ガイダンスを守ったものだったと言えたとしても、そうは思わない人が大勢いるであろうことを自覚すべきだった」

ジョンソン政権はすでに、パンデミック対策が敷かれていた2020年11月から12月にかけ、首相官邸を含む政府機関で複数のクリスマスパーティーが開かれていた問題の対応に追われている。

内閣は現在、レベルアップ・住宅・コミュニティー省のスー・グレイ第二事務次官に一連の報告について調査を依頼している。ジョンソン氏は質疑の中で辞任の意思を問われると、その結果を待つよう繰り返した。

<関連記事>

「国民を侮辱」

最大野党・労働党党首のサー・キア・スターマーは、首相の弁明について、「あまりにばかげていて、イギリス国民を侮辱するものだ」とした。そして、ジョンソン氏は「まともな行動を取り、辞任する」よう求めた。

スコットランド国民党(SNP)のイアン・ブラックフォード下院院内総務は、保守党議員らに対し、首相を辞任させるよう呼びかけた。自由民主党党首のサー・エド・デイヴィーも、ジョンソン氏は辞めるしかないと述べた。

エド氏はロンドン警視庁に対し、ジョンソン氏の「飲み会」出席について捜査するよう求める書簡を送っている

与党内からも辞任を求める声

この日のジョンソン氏の議会での声明は、与党内でさまざまに受け止められている。

同党のスコットランド支部にあたるスコットランド保守党のダグラス・ロス党首は、首相質疑後にジョンソン氏と「難しい会話」をしたと話した。

また、保守党の党首選を開催する立場の1922年委員会に、首相不信任の書簡を提出する考えだと述べた。

「彼は首相だ。当時のルールを実施したのは彼の政府であり、自らの行動の責任を取らなくてはならない」

保守党の議員54人が1922年委員会に書簡を提出すれば、党首選が開かれる。

影響力が大きい議会特別委員会の委員長を務めるウィリアム・ラグ議員は、首相の立場を「維持できない」との見解を示した。

同氏はBBCラジオ4の政治番組で、「首相の今後およびこの国を誰が治めるのかは、官僚による調査の結果で決まるべきではない」と話した。

議会の別の委員会の委員長を務めるキャロライン・ノークス議員も、首相は「保守党のブランド全体を傷つけた」とし、直ちに辞任すべきだと述べた。

閣僚経験があり、ジョンソン氏に批判的だったこともある同氏は、ITVのロバート・ペストン氏に対し、「残念だが、彼はお荷物のように思える」、「今すぐ辞めるか、3年後に総選挙で辞めるかだ」と話した。

与党には擁護論も

一方、一部の保守党議員や閣僚からは、首相が心から悔いていることが伝わってきたと擁護論も出ている。

ドミニク・ラーブ副首相兼法相は、ジョンソン氏を支持する立場を示している。

ラーブ副首相は、ジョンソン氏が何があったのかについて「とても明確に説明」し、ルール違反をしたとの「見方」があることについて謝罪したと話した。

マイケル・ゴーヴ住宅・地域社会・地方政府相も、1922年委員会で首相への支持を表明した。

同委員会の会合を前にBBCの取材に応じたゴーヴ氏は、「首相が謝罪したのは正しい」ことだったと述べた。そして、「グレイ氏の報告がまとまるのを全員が待つことが大事だ」とした。

リズ・トラス外相とリシ・スーナク財務相も、議会終了後にツイッターで、ジョンソン氏への支持を表明した。トラス氏とスーナク氏は共に、次期保守党党首・首相候補と目されている。

BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長は、ジョンソン氏の議会での説明と謝罪は、同氏にわずかな時間的余裕を与えるだろうと説明。

ただ、与党内での求心力は失われているとし、多くの議員が辞任を望んでいるとした。そして、首相の辞任がどのように、いつ起こるのか、慌ただしい話し合いがなされていると報告した。


首相官邸や政府機関で行われた飲み会・クリスマスパーティー

2020年510日:ジョンソン首相は、2020年3月に始まったロックダウンから脱却する「最初の慎重な一歩」を発表。しかし「互いに距離を取るルールを守る」よう国民に要請し、「順守のため、違反者への罰金額を引き上げる」と述べた。この時は不要不急の外出は禁じられており、他世帯の人とは1人だけ、屋外での運動の最中だけ会えるとされていた。

5月15日:英紙ガーディアンは、この日に首相官邸の庭にジョンソン首相やキャリーさん、スタッフ17人が集まり、ワインやチーズを片手に談笑している写真を報じた。ジョンソン氏は、この日について説明を求められた際、写真は「仕事中の人たち」を撮ったものだと釈明した。

5月20日:ITVニュースによると、首相官邸の庭で「社会的距離を取った飲み会」が開催され、レノルズ首席秘書官の名前で100人以上に招待メールが送られていた。目撃者はBBCに、当日は30人ほどが参加し、ジョンソン氏と婚約者のキャリーさんもいたと話した。ジョンソン氏は1月12日の首相質疑で25分ほど出席していたことを認めたが、「職務上のイベントだと、暗に信じていた」と述べた。

7月17日:ジョンソン首相は、クリスマスまでにイングランドを「大きく元通りする」計画を発表。全国的なロックダウンではなく、「的を絞った各地域での対策」に切り替えると述べた。一方で、計画の進行には「ひとりひとりが注意し、責任ある行動をとること」が重要だと述べた。

11月5日:新型ウイルスの感染者が再び増えてきたこの日、イングランドでの2度目のロックダウンが開始された。ジョンソン首相は記者会見で、「在宅勤務ができない場合の出勤、教育、日常生活に必要な活動や緊急時」以外は外出できないと説明。勤務に関する以外での、屋内での他世帯との集まりは禁止された。

11月13日:複数の消息筋によると、首相官邸でこの日、リー・ケイン広報部長の退職に伴う「即席の飲み会」が開かれた。しかし職員らは自分のデスクでアルコール飲料を飲み、午後8時半までには解散したという。

11月13日:同じ日の夜、ジョンソン夫妻が住むダウニング街11番地(首相官邸の隣の建物)の上の階で、官邸職員がキャリーさんを囲む会が開かれた。情報筋は建物中に音楽が鳴り響いていたと述べているが、キャリーさんの報道官などは、集まりがあったことを否定している。この日は、ジョンソン首相の上級顧問だったドミニク・カミングス氏が退任した日でもある。

11月25日:英紙タイムズによると、リシ・スーナク財務相による秋季予算発表を受け、財務省内でパーティーが開かれた。このパーティーには20人以上の職員が参加したという。しかし財務省報道官は、この集まりは「即席」のもので、デスクの周りで「少人数」で行われたと説明した。

11月27日:カミングス氏の助手だったクリオ・ワトソン氏の退職に伴うパーティーが、首相官邸で開かれた。正式に企画されたものではないものの、アルコール飲料が配られ、ジョンソン首相がスピーチをしたという。

12月2日:2度目のロックダウンはこの日に終わったが、ジョンソン政権は地域の感染状況に応じて行動制限を分ける「ティア(段階)」制度をイングランドで実施。ロンドンは2番目に警戒度が高いティア2となり、「勤務上」必要な場合以外は、他世帯の2人以上が屋内で集まることが禁止された。

12月10日:教育省は、職員のパンデミック中の仕事ぶりをねぎらう集まりをこの日に開いたことを認めている。参加者がアルコール飲料や軽食を持ち込む形式で、外部からのゲストや、このパーティーのために雇われたスタッフなどはいなかったとしている。

12月14日:タイムズ紙は、この日に保守党本部の地下で「承認していない集まり」が開かれていたと報道。保守党はこの報道を認めた。このパーティーは、今年5月のロンドン市長選に保守党から出馬したロンドン市議会のショーン・ベイリー議員のスタッフが開いたもの。同議員はこれを受け、市議会警察・犯罪委員会の委員長職を退いた。

12月15日:複数の情報筋がBBCに、この日に首相官邸でクリスマスのクイズ大会が開かれたと証言している。電子メールで招待状が送られ、6人1組で参加するように指示されていたという。首相官邸はこのクイズ大会はビデオ通話で参加する「バーチャルな集まり」だったとしているが、実際には室内にチームで集まった職員もいたとみられている。タブロイド紙サンデー・ミラーは、このクイズ大会にジョンソン首相がビデオ通話で参加している写真を掲載した。

12月16日:ロンドンが最大警戒レベルの「ティア3」に格上げされた。マット・ハンコック保健相(当時)は、クリスマスを前に「みなが慎重になることが重要」だと呼びかけた。しかしその後、この日に運輸省でパーティーが開かれていたと報じられた。同省は「不適切」で「職員の判断が間違っていた」と謝罪した。

2020年12月18日:一連の報道の発端となったクリスマスパーティーがこの日、首相官邸で開かれたタブロイド紙ミラーが12月1日に、最初に報じた。BBCが得た情報では、パーティーでは食べ物やアルコールが出て、様々なゲームもあり、真夜中を過ぎても続いたという。

労働・年金省での集まり:労働・年金省は、「主要な」職員らが「複数回」にわたり、新型ウイルス対策の制限が敷かれている期間に夜遅くまで残業し、アルコールやテイクアウトの食事をとっていたと認めた。サンデー・ミラーはその後、テリーザ・コフィー担当相の下で働いているとされる職員らが繰り返し、終業後に明け方まで飲み会を開いていたと報じた。

(英語記事 Senior Tories urge PM to quit after party apology

提供元:https://www.bbc.com/japanese/59975636

関連記事

新着記事

»もっと見る