BBC News

2022年4月24日

»著者プロフィール

北海道の知床半島沖で23日午後、乗客・乗員計26人が乗った小型観光船の行方が分からなくなり、海上保安庁が捜索を続けている。複数の日本メディアによると、24日午後5時過ぎまでに計10人が見つかり、死亡が確認された。

海上保安庁などによると、23日午後1時15分ごろ、観光船「KAZU 1」(カズ ワン)から、浸水しているとの緊急通報が同庁にあった。船首が30度ほど傾き、沈みかかっていると乗員が報告したという。その後、同船とは連絡が取れなくなったという。

乗客は24人で、うち2人は子どもとされる。

NHKなど複数のメディアは、海上保安庁の第1管区海上保安本部(北海道小樽市)の話として、24日午後5時過ぎまでに計10人が発見され、死亡が確認されたと伝えた。同日朝に知床岬の先端の海上で4人が見つかったのをはじめ、合わせて男性7人、女性3人が見つかったという。

緊急通報当時、同船は知床半島の沖合をめぐる3時間の観光コースを運航中だったとされる。周辺海域では波が高く、地元の漁船は午前中に帰港していたと言われている。

海上保安庁は巡視船艇5隻、航空機2機を出動させ、捜索を続けている。日本の報道によると、同庁は23日夜に航空自衛隊に災害派遣を要請し、受理された。

周辺海域の海水温はこの時期、夜間には摂氏0度近くまで下がるとされる。

(英語記事 Tourist boat missing off Japan coast

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61205939

関連記事

新着記事

»もっと見る