2022年8月14日(日)

BBC News

2022年7月25日

»著者プロフィール

フランスで、エネルギーの浪費を減らすため、店舗でエアコンを使う間はドアを閉め、ネオンの照明は制限するよう指示が出される。環境問題の担当大臣が24日、明らかにした。

こうした規則は、すでに国内の一部で実施されている。

アニエス・パニエ=リュナシェ・エコロジー移行相は、それを全国に拡大する方針を、仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュに語った。

また、今後数日のうちに、エネルギーの無駄使いに関して2つの政令を出すとし、次のように説明した。

「1つ目は、街の規模に関わらず、午前1~6時のイルミネーション広告の禁止を拡大する」

「2つ目は、エアコンと暖房の使用時にドアを開けておくのを禁止する」

エコロジー移行相は、現地ラジオ局RMCでは、エアコンをつている時にドアを開けたままにするのは「ばかげている」と語った。

ドア開けっ放しは罰金10万円

エアコンに関するルールを破った店舗は、最高750ユーロ(約10万円)の罰金を科される。

ネオンサインの禁止規則は、人口80万人未満の地域ですでに施行されている。ただ、空港や駅などは対象外となっている。

ロシアがウクライナを侵攻して以来、ヨーロッパではエネルギー価格が急騰している。

エネルギー大手シェルは、ロシアからヨーロッパへのガス供給が大幅に減少し、対応に苦慮している現状では、欧州連合(EU)内でエネルギーを配給制にする可能性を排除できないと警告している。

フランスでは猛暑が続いており、冷房の需要が高まっている。

(英語記事 Air-conditioned French shops told to shut doors

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62287770

関連記事

新着記事

»もっと見る