あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年9月10日

»著者プロフィール

 100周年大使は今後、同大学の広告塔となり各イベントなどで活動を予定している。

* * *

 ミスソフィア候補者については、下記のような記事でも紹介されています。

 【動画あり】ミスソフィア2013候補者インタビュー特集Vol.2(赤坂経済新聞/2013/7/23)
http://akasaka.keizai.biz/column/57/

ミス理系、年代別のコンテストも開催

 過去にアナウンサーの本田朋子さん、戸部洋子さんらを輩出している立教大学のミスコンは11月に行われるようです。

 「ミス立教」候補者6人決定-ミスターコンテストと同時開催へ(池袋経済新聞/2013/8/5)
http://ikebukuro.keizai.biz/headline/796/

 コンセプトは「関わるすべての人の成長のキッカケでありたい」だそう。確かに、ミスコンをきっかけとして、キャスター・アナウンサーへの道を上る人も多そうです。

 ちょっと変わったところでは、こんなコンテストも。

 下北沢で「ミス理系コンテスト」-理科大・上智など各大学から5人が出場(下北沢経済新聞/2013/9/6)
http://shimokita.keizai.biz/headline/1850/

 目的は、「『暗い』『話し下手』『男ばかり』などのイメージが強いとされる理系学部のイメージアップ」なのだとか。白衣姿の写真が、さすが理系っぽいですね。

 大学のミスコンではありませんが、こちらもちょっと変わったコンテスト。

 新横でプロポーションコンテスト-各年代の女性が理想のプロポーション競う(港北経済新聞/2013/9/5)
http://kohoku.keizai.biz/headline/973/

 「20代・30代・40代・50代・60代以上の各年代で、健康的で女性らしく、年齢や身長に応じた理想のプロポーションを競う」のだとか。美しさと若さはイコールで結びつけられがちですが、年齢に応じた“美”もあるはずですよね。9月7日に終了したこちらのコンテスト。受賞者はこちらのページ(http://www.ijp.or.jp/24sokuhou.html)から見ることができます。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る