2024年4月19日(金)

BBC News

2024年3月23日

イギリス王室のキャサリン皇太子妃(42)は22日、がんの診断を受け、治療の初期段階にあると発表した。

動画での声明で皇太子妃は、がんの診断は「非常につらい数カ月」の後に受けたもので、「大きな衝撃」だったと語った。

一方で、「私は毎日良くなり、強くなっています」と前向きなメッセージを発した。

ウェールズ公ウィリアム皇太子夫妻の公務を管理するケンジントン宮殿は、がんの種類を明らかにしていないが、キャサリン皇太子妃が全快するだろうと述べている。

キャサリン皇太子妃は今年1月に腹部の手術を受け、公務を数カ月休んでいる。

動画の中で皇太子妃は、手術の際にはがんがあるとは分かっていなかったと説明。

「しかし、術後検査でがんがあることが分かりました。医療チームから予防的な化学療法(抗がん剤治療)を受けるべきだとの助言を受け、現在、この治療の初期段階にあります」と述べた。

また、がんを発症したすべての人のことを思っていると語り、「どんな形であれ、この病気と向き合っている皆さん、どうか信念や希望を失わないでください。あなたはひとりではありません」と語った。

皇太子妃は、1月に受けた手術からの回復には時間がかかっており、今は家族を安心させることが最優先だと語った。1月の手術がどのような症状に対するものかは、公表されていない。

「ウィリアムと私は、幼い家族のために、このことを内密に処理し、管理するために全力を尽くしてきました」

そして、2人の子供のジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子に「適切な方法ですべてを説明し、私は大丈夫だと安心させるために、時間がかかりました」と、皇太子妃は述べた。

「最愛の義理の娘」とチャールズ国王

バッキンガム宮殿の報道官は、英国王チャールズ3世が「勇気を持って話したキャサリンを誇りに思う」と述べたと発表した。

チャールズ国王も1月に前立腺疾患の治療を受け、その際にがんが発見されたことを公表している。がんの種類は明らかになっていない。

国王は、同じ病院で過ごした後も、「この数週間、最愛の義理の娘と最も緊密に連絡を取り合っていた」と、報道官は明らかにした。

ウィリアム皇太子の弟のサセックス公爵ハリー王子とメガン妃も、「私たちは、ケイトとその家族の健康といやしを願い、プライベートで穏やかに過ごせることを願っています」とメッセージを発表した。

皇太子妃の健康をめぐる憶測

皇太子夫妻は現在、複数の王族が出席するイースター(キリスト教の復活祭)の礼拝には欠席する見通し。皇太子妃が公務に早期復帰する見込みもない。

ケンジントン宮殿は、ウィリアム皇太子が2月27日に参列する予定だった追悼式を突然欠席したのは、皇太子妃のがん診断が判明したためだと述べた。

皇太子夫妻をめぐっては、ここ数週間にわたって憶測や陰謀説が飛び交っており、ケンジントン宮殿はプライバシーを尊重するよう求めていた。

こうした憶測は、皇太子妃が母の日(イギリスでは今年は3月10日)に合わせて公開した家族写真について、大手通信各社がデジタル加工された懸念があるとして配信を撤回したことで一層激化した。キャサリン皇太子妃はその後、加工について謝罪した。

また、今週初めにウィンザーで夫妻が買い物をしている様子を映した映像についても、ソーシャルメディア上で諸説が飛び交っていた。

ケンジントン宮殿によると、皇太子妃ががんを公表した動画は、BBCの制作部門、BBCスタジオズが20日に撮影したもの。

BBCニュースは声明で 「同社は他のメディアと共に、ケンジントン宮殿から22日午後に、この発表について説明を受けた」と述べた。

(英語記事 Kate, Princess of Wales: I am having cancer treatment

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/c1rxzngyjddo


新着記事

»もっと見る