2024年4月19日(金)

BBC News

2024年3月26日

ロシアの首都モスクワ郊外のコンサートホールが襲撃された22日夜の事件で、当局は24日、4人をテロ行為の罪で起訴した。

事件直後から武装勢力「イスラム国(IS)」が犯行を認めていたものの、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はウクライナの関与を示唆していた。ウクライナ政府はいっさいの関係を否定している。

25日になり、プーチン氏は犯行はイスラム過激主義者によるものと認めたが、それでもなお「キエフの政権」(キエフは、キーウのロシア語読み)の関与を疑う発言を重ねた。ロシア国内のメディアも、ウクライナ政府が関係したはずだと、証拠を示さずに主張している。

こうした状況でロシア政府が、ウクライナへの戦争を激化させるとともに、国内の抑圧を強める恐れはあるのか。

BBCロシア編集長のスティーヴ・ローゼンバーグ記者がモスクワから報告する。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/clm7v3yn5zeo


新着記事

»もっと見る