2024年7月16日(火)

ちょっと寄り道うまいもの

2009年6月5日

 そして、お話としては興味深いが、私見では近所であるとか、コナモンに特別な興味があるとかでなければ、特にこの「ひととき」の読者諸兄姉のような大人が、遠路出かけて、常連に迷惑をかけ、満足されるとは思われない。貶(けな)しているのではない。身近であればこその、気軽な楽しさ、美味しさなのである。大人の対応として、お話だけにしておきたい。ということで、住所などここでは書かない。どうしても、という向きはネットで検索したら、みつかる。

 要はコナモンの世界はこのようにして、生まれ、育ったかと実感したというお話。

 それにしても、お薦めがないのは酷ですな。

一富久の岡尾文八さん、好子さん夫妻と長男の保雄さん。親子のチームワークも素晴らしく、心温まる大阪的接客も楽し

 距離、手間等含めて考えて、堂々とお薦めできる定番的コナモンということで、連れて行ってもらったのが、「一富久(いちふく)」。大阪市営地下鉄四つ橋線の花園町駅近くにあるたこ焼きのお店。

 「たこ焼きなんて……」と見下すような輩にこそ、是非、試していただきたいと思う。真っ当な食材で、ちゃんと作ったたこ焼きが、どれだけ滋味深くも洗練された軽食であるか。

 まず、たこ焼きが一つ入った、お吸い物を試したら、それだけで、どれほど真っ当なものか分かるはずだ。ちゃんとしたおだし。

 それから、お好みだが、私のお薦めはネギをたっぷりとのせたたこ焼き。しっかり、下味がついているものだから、そのまま食べても美味しい。主役のタコもぱりっとした焼き具合も、程良い中の火の通り方も、だしのうまみも素晴らしいバランス。「良い仕事してますねえ」と唸るうまさ。気分を変えて、七味唐辛子をふった二杯酢につけても楽しい。さっぱりした感じが新鮮。ふつうに知っているようなソース味は、納得と再確認のうまさ。

 ビールと、このたこ焼きだけでちょっとした幸せに浸りつつ、コナモンの奥深さ、大阪の凄さに感嘆させられる。

 コナモン会長、参りました。

■一富久  大阪市営地下鉄四つ橋線花園町駅下車、徒歩2分
大阪市西成区花園南1-9-30
☎06(6657)0225  営業時間/11時~20時  定休日/月・火曜

◆「ひととき」2009年6月号より

 


 

 

 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします


新着記事

»もっと見る