2022年8月10日(水)

メディアから読むロシア

2016年4月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)。『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 Ka-52「アリガートル」ヘリコプターにも関心が寄せられている。ロスオボロンエクスポルト(訳注:ロシアの武器輸出公社)はエジプトと46機の契約を結んでおり、納入は2017年に開始される。同機がその戦闘能力をシリアでデモンストレーションしたことは、特に中東地域において新たな顧客を見つける役に立つだろう。

 フメイミムの警備とISの支配地域を攻撃するバッシャール・アサド政権軍の支援のために送り込まれたT-90戦車にも追い風が吹き始めた。インターネットで流布しているビデオ映像には、米国製のTOW対戦車ミサイル・コンプレクスからロシアの戦車にミサイルが発射された際の印象深い一コマが写っている。T-90の装甲が攻撃に耐えたのだ。ある国防産業のトップマネージャーは、今まさに顧客との交渉でこの例が引き合いに出されているところだと語ってくれた。その顧客の中には、イラン、イラク、その他のペルシャ湾岸諸国、そしてCIS諸国が含まれるという。

 シリア作戦において防空システムは監視のためにしか用いられず、目標を攻撃することはなかった。が、これらに対する需要も高まっているのだと「ジェーンギ」のある情報源は指摘する。シリアに出現したS-400は、サウジアラビア軍の同システムに対する関心をひどく高めた。また、インドとの間でも交渉が活発化している。いずれの場合にもS-400防空システム4-6個大隊分の契約になる可能性があり、価格はその発射機の数に応じて20-30億ドルと見積もられる。

シリア作戦によるマーケティング効果は60-70億ドル

 もっとも事情によく通じた専門家の試算によると、シリア作戦によるマーケティング効果は60-70億ドル(現在のレートで4200-4900億ルーブル)分の契約に結び付くであろうという。戦略技術分析センターのコンスタンティン・マキエンコ副所長は、ロシア製品に対する波及効果が実際にあることは認めつつ、まだ具体的な契約に結び付いているわけではないと強調する。たしかに、実際の成約までには、実に様々な障害が出現し得るものだ。技術面(たとえば他の契約による生産能力への負荷)、財政面(発注者の資金不足)、不可抗力(革命や軍事紛争など)がそれである。だが、潜在的な売り上げが10億ドルか20億ドル減ったところで危機的な問題ではないのだ、と「ジェーンギ」のある情報源は言う。「ルーブルとドルの為替レートを考えれば、いずれにしてもシリアでの支出は見通しうる将来に回収可能だ」というのだ。そのためには、すぐにも契約の締結を始めなければならない。製品の製造サイクルを考えれば、最終的な支払いは2-4年後になるだろうと考えられるためだ。

 (翻訳終わり)

関連記事

新着記事

»もっと見る