海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年10月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

有権者の声

 クリントン陣営の標的となっているオハイオ州クリーブランド郊外にあるシェーカーハイツ在住のダリル・ウッド(47)さん宅を筆者が訪問すると、日本車のボンネットを開けてエンジンのチェックをしていました。

オハイオ州にて戸別訪問を行う筆者

 「ダリルさんですね。クリントン陣営のモトオ・ウンノと申します。あなたの票に頼ってもいいですか」

 筆者がアフリカ系のダリルさんに尋ねると、彼は一言こう語ったのです。

 「ノー」

 「トランプの支持者なんですか」

 トランプ支持者か確認をすると、ダリルさんはこう語ったのです。

 「そうです。トランプ支持者です」

 「あなたの意見を尊重しますから、トランプ支持の理由を聞かせてくれませんか」

 筆者が真顔で頼むと、ダリルさんは笑みを浮かべながらこう言ったのです。

 「クリントン支持者です。トランプ支持者と言ったらあなたがどのような反応をするのか見たかっただけです」

 ダリルさんはそう答えると、10月17日午前に期日前投票に行くと約束しコミットメントカードに著名をしてくれました。オハイオ州では期日前投票は10月12日に始まり、投開票日前日の11月7日まで投票を行うことができます。

 投票が始まっても、まだ決めかねている有権者もいます。クリントン陣営の標的となっているオハイオ州クリーブランドシェーカーハイツ在住の白人男性(66)の家を訪問しました。この有権者は、次のように語っていました。

 「私は2回(2008・12年)オバマに投票しました。今回はサンダース(上院議員)を支持しています。彼は反ウォール街です」

 この有権者は、クリントン候補はウォール街と癒着していると言いたいのです。バーニー・サンダース上院議員(無所属・バーンモント州)の支持者は、「クリントン=ウォール街」という固定化したイメージを持っています。彼は、続けて次のように語りました。

 「私はNAFTA(北米自由貿易協定)とTPP(環太平洋経済連携協定)に反対です。緑の党に投票しようと思っていますが決めかねています」

 筆者がこの有権者に「緑の党に投票することはトランプを利することになります」と語ると一瞬戸惑いの表情を見せたのですが、妻と思われる中高年の白人女性がこの男性を呼びに来たために結局会話はこれで終わってしまいました。

 クリーブランドで2日間戸別訪問を行い、6枚の期日前投票用のコミットメントカードに署名をもらいました。署名を拒否した有権者は1名のみでした。クリントン陣営ではボランティアの運動員及びインターンシップの学生が、署名入りの期日前投票用のコミットメントカードの回収に時間とエネルギーを注いでいます。その理由について以下で説明しましょう。

関連記事

新着記事

»もっと見る