海野素央の Love Trumps Hate

2017年7月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

面会を仕組んだロシア政府の意図とは?

 仮に面会の背後にロシア政府の存在があるとすれば、クリントン元国務長官に関する「高度な機密情報」に対するトランプ陣営の反応を知り、感触をつかむ目的でべセルニツカヤ氏を送り込んだのでしょう。6月9日の面会でトランプ陣営とロシア政府の「代理人」との間で何らかの取り決めがあったのかもしれません。例えば、ロシア政府がサイバー攻撃を通じて取得したどの情報を、どのようなタイミングでネット上に公開するかです。

 実際、クリントン陣営と民主党本部が連絡を取り合い、バーニー・サンダース上院議員(無所属・バーモント州)に対する対策を協議している会話内容が、ウィキリークスを通じてネット上に掲載されました。 2016年7月の民主党全国大会開催のタイミングだったのです。その結果、同党全国委員長であったデビー・ワッサーマン・シュルツ氏が辞任に追い込まれています。トランプ候補(当時)は、早速クリントン陣営と民主党本部が結託してサンダース上院議員を落としたと述べ、「不公平だ」と主張しました。トランプ陣営とロシア政府がコーディネートしてクリントン陣営に仕掛けた攻撃だと見られても仕方がないほど、実に絶妙なタイミングでした。

ロシア人弁護士との面会の影響

 米ワシントン・ポスト紙及びABCニュースが行った共同世論調査(2017年7月10日―同月13日実施)によれば、63%がジュニア氏とべセルニツカヤ氏との面会は不適切であったと回答しています。48%の共和党支持者は適切であったと答えており、不適切の33%を15ポイントも上回っています。今後、面会の事実はどのような意味を持つでしょうか。

 第1に、ジュニア・ゴールドストーン両氏の具体的な会話内容は、モラー特別検察官にとって共謀の動機があった証拠になります。ジュニア氏はかなり重要な捜査対象になることは確かです。

 第2に、以前ロシア政府との間に秘密通信回線の設置を提案したと報道されたクシュナー氏が面会に同席していたことにより、同氏に対する疑惑は益々高まるでしょう。クシュナー氏も極めて重要な捜査対象になります。

 第3に、選挙期間中にロシア人弁護士と面会をしたジュニア氏の軽率な行動が、トランプ陣営とロシア政府が共謀していたのではないかという「ロシアゲート疑惑」解明の道を開いた点で「ゲーム・チェンジャー(試合の流れを変えるもの)」になる可能性があります。メディアを勢いづけかせ、トランプ大統領との対立を一層先鋭化させることは間違いありません。

 第4に、ロシア人弁護士との面会の事実は、ホワイトハウスにおける権力構図にも影響を与えます。バノン氏は2016年8月からトランプ選対に加わったので今回の面会に関与していません。

 独ハンブルグで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議の前に、トランプ大統領はポーランドを訪問し演説を行っています。その内容は、西洋文明の価値観の保持と反イスラム教徒でした。正に、バノン氏の世界観が反映されたものであり、同氏復活の演説でした。ホワイトハウスでクシュナー氏に対して同氏の発言力が再び大きくなっていくでしょう。

 以上に加えて、ジュニア氏は民主党に格好の攻撃材料を与えてしまいました。ジュニア・べセルニツカヤ両氏の面会の影響はあまりにも大きく、トランプ大統領自身が長男の擁護をせざるを得ない状況になっています。ジュニア氏は墓穴を掘ったのです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る