中国人観光客はいま

2017年10月30日

»著者プロフィール
著者
閉じる

中島恵 (なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年山梨県生まれ。新聞記者を経てフリージャーナリスト。主な著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』(ともに日本経済新聞出版社)、『爆買い後、彼らはどこに向かうのか?』(プレジデント社)、『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』『中国人エリートは日本をめざす』(ともに中央公論新社)、『なぜ中国人は財布を持たないのか』(日本経済新聞出版社)、『中国人富裕層はなぜ「日本の老舗」が好きなのか』(プレジデント社)『日本の「中国人」社会』(日本経済新聞出版社)などがある。

銀聯国際日本支社 首席代表 韋暁寅氏

――中国では最近スマホによるモバイル決済が主流となっていますが。

韋氏:確かに多くの中国人がスマホ決済を利用しています。現在、銀聯でも国内外でモバイル決済のUnion Pay Quick Passを推進しています。アップルペイ、銀聯QRコード決済、ウエアラブル端末などに利用することができるものです。また、銀聯は香港でデビットカードの利用者にモバイル決済を提供しています。利用者は銀聯デビットカードを携帯電話に登録し、モバイル決済サービスを利用することができます。

――日本では中国のようにQRコードをかざして決済する方法はまだあまり導入されていませんが、今後の日本市場での展開は。

韋氏:日本でも銀聯カードを導入していない地方にもっと広めていきたいと思っています。東京や大阪、名古屋などの大都市では銀聯カードはかなりさかんに使っていただけるようになりましたが、中国人の日本旅行は分散化、多様化しており、地方でのカード利用の需要がもっと増えてくると思います。今後、日本でもカード決済からモバイル決済への流れに確実に変わっていくと思いますので、日本でも銀聯のモバイル決済を推進していきたいと思います。

――日本では観光業が地方創生のカギとなっていますので、銀聯カードの取り扱いができたら、中国人観光客にとっても便利ですね。

韋氏:そうですね。中国人は国内では現金は使わなくなってきていますが、海外ではやはりまだ銀聯カードが主流です。これから日本でもっと銀聯カードが使える店舗が増え、利用できる場面が増えていけば、日本旅行の利便性も高まります。もちろん、日本人の利用もますます増えていくように努力していきたいと思っています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る