2022年11月27日(日)

ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2018年12月21日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

自信を持ちたければ自分を好きになればいい

 ではどのようにアップデートすればよいのでしょうか。それには、「まず隗より始めよ」の故事の通り、自分自身に対して「加点法」を実行することがオススメです。

 自分に自信がない人は、世間体を気にしがちです。外から自分がどう見られているのかが気になり、「こんなことをしたら目立ってしまう」「自分は大したことないから、発言するのはやめておこう」と、自分から行動を起こしたがりません。

 一方、自分に自信がある人は、自分の力を信じて、いろいろなことにチャレンジします。「とりあえずやってみよう」と、一歩目を気軽に踏み出します。

 そういう人は、みなさん自分のことが好きです。自分軸を持っている人と言ってもいいでしょう。

 ビジネスでも、自分軸を持っている人、すなわち自分自身の信念がある人は、強いですよね。ビジネスではマーケティングは不可欠ですが、そればかりにとらわれていると、先に進めません。「どんなやり方」かよりも「どうやりたいか」「なぜ自分がやるのか」が大事です。

 よく起業家のインタビュー記事などを読むと、「なぜやろうと思ったか?」という質問に対して、「やりたかったから」「やってみたら楽しいだろうと思ったから」と答える人がいますが、そう答えられる人は、「自分ならできる」という自信があるからなのでしょう。

 では、人はどうやったら自信が持てるのでしょうか? 「もっと自信を持て!」と言われても、そう簡単には持てませんよね。

自分のポジティブマインドを30個以上書き出してみよう!

 私は今、子育て中のお母さんや、企業で働く20~50代の人達に向けて、“自分軸を持つ”ためのセミナーを開催しています。そのときに行うのが、次のワークです。

 まず、自分のできること、好きなこと、やりたいことを30個以上書き出してみます。

 例えば・・・

1,人と話をすることが好き

2,旅行へ行くことが好き

3,人前で話すときにわりと緊張しないで話せる

4,一人でぽつんといる人がいたら話しかけてあげることができる

5,夏休みに家族で北海道に行きたい

・・・・・・

 といった感じで、思いついたことをどんどん書いてみます。

 書き出したら、次にそれを人に読み上げてもらいます。セミナーでは、隣の人同士でやることが多いですね。

1,あなたは、人と話をすることが好き な人です。

2,あなたは、旅行へ行くことが好き な人です。

3,あなたは、人前で話すときにわりと緊張しないで話せる 人です。

4,あなたは、一人でぽつんといる人がいたら話しかけてあげることができる 人です。

5,あなたは、夏休みに家族で北海道に行きたい 人です。

・・・・・・

 こんな感じです。

 すると、どうでしょう? なぜか、終わった後にみんないい表情に変わるのです。

 まさかー、そんなことあるはずない。と、思う方は、ぜひやってみてください。

 このワークは、何に効果的かと言うと、自分の心に秘めていたことを、人から言葉で伝えてもらうことで、承認を得られるところにあります。

 「私はこうなんだ!」と、気持ちと外から見られている姿とを一致させることができるのです。そうすることで、「ありのままの自分でいていいんだ」と“自分OK”になれるのです。

新着記事

»もっと見る