2024年7月18日(木)

Wedge REPORT

2019年7月2日

変わるべきは企業側

 森興産としては、日本で就職を希望する留学生に対しては、大手の人材仲介会社では手の届かないようなきめ細かいサポートを継続する方針だ。森社長は「まず変えてほしいのが企業側の留学生に対する意識だ。日本の経営者は外国人をどの国も同じでひとくくりに考えがちだが、国によって文化も習慣も違い、外国人は安く使えるという認識だけでは、安定的に雇用することはできない」と主張する。

 特に中小の場合は、外国人人材を雇用することに慣れていないためミスマッチが起こりやすいという。だが、やる気にさせると、中核人材に育つこともあり、現に留学生を採用してそれまでやってなかった海外事業を任せるまでに育った中小企業もあるという。

 外国人留学生が就職した企業の戦力になるかどうかは、ひとえに企業側の姿勢に懸っていると言えそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る