立花聡の「世界ビジネス見聞録」

2019年8月23日

»著者プロフィール
著者
閉じる

立花 聡 (たちばな・さとし)

エリス・コンサルティング代表・法学博士

1964年生まれ。早稲田大学理工学部卒。LIXIL(当時トステム)東京本社勤務を経て、英ロイター通信社に入社。1994年から6年間、ロイター中国・東アジア日系市場統括マネージャーとして、上海と香港に駐在。2000年ロイター退職後、エリス・コンサルティングを創設、代表兼首席コンサルタントを務め、現在に至る。法学博士、経営学修士(MBA)。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。

 

香港マネーはシンガポールに向かっている

 7月16日付けシンガポール紙ストレーツ・タイムズの掲載記事「香港の動乱、富裕層投資家は資産運用センターをシンガポールへ」を一部抜粋抄訳する――。

 「アジア地域の某メジャー・プライベートバンカーの報告によると、彼担当の顧客が過去数週間に香港からシンガポールに巨額の資金を移動させていた。さらに、香港ベースのプライベートバンカーも一般の富裕層顧客から1000万~2000万米ドル規模の資金転出に関する問い合わせが増加中と現状を述べている」

 「『香港デモが始まってから、資金移動についての顧客問い合わせは通常時の4倍に達している。数百もの伝票を見れば分かる』。某銀行の香港駐在CEOがこう語る。他行と同じように、顧客は現時点ではまだ多額の資金を動かしていないものの、資金移動経路の確立を急いでいる。情況が悪化すれば、香港から海外へと一気に資金を送り出すだろう」

 「『香港デモはいずれ沈静化するだろう。しかし、変化はもうそこまで差し迫っている。何をするべきかを考えるときがやってきたのだ』。富裕層顧客に国際金融取引・投資コンサルティング・サービスを提供する香港中倫法律事務所のパートナー弁護士、クリフォード・ウング氏がこう述べた」

 「直近の香港デモは長期的に見れば、最後の引き金となる。チャイナ・マネーはシンガポールやロンドン、ニューヨークなど他の金融センターへ移動するだろう。北京の手が届かないところにだ。シンガポールの総額2.4兆米ドル規模の資産管理業は間違いなく、主な受益者になるだろう。シンガポールは政治が安定しており、英語と中国語という言語の優位性を有し、また中国本土との空路アクセスも便利だ」

 情況を総じてみると、一部の資金流出がすでに始まっているが、大方の投資家は資金の受け皿となる香港以外のオフショア口座の開設など流出経路の構築、あるいはその準備に動き出している。オフショア口座の開設は昨今マネーロンダリング関係の審査が大変厳しくなったため、数週間から、特に複雑な企業取引経路をもつ顧客ならその精査に数カ月を要している。

 余談だが、金融系情報筋によると、一部日本の金融機関のプライベートバンク部門もすでに、日本人富裕層顧客にシンガポール証券取引所の銘柄を推奨し始め、ポートフォリオの調整に乗り出しているという。

関連記事

新着記事

»もっと見る