BBC News

2019年12月27日

»著者プロフィール

イスラエルの与党・リクードの党首選が26日に行われ、現党首のベンヤミン・ネタニヤフ首相(70)が「大勝利」を宣言した。

投票は26日午後11時に締め切られた。リクードによると、投票権のある同党員11万6000人の約半数が票を投じた。

党首選では、ネタニヤフ氏に党首交代を求めるギドン・サール元内相(53)が挑んだ。

最終的な開票結果は27日朝に明らかになるが、ネタニヤフ首相はツイッターで勝利宣言をした。

「神とあなた方の協力を得て、私は予定されている総選挙において、リクード党を大勝利へと導くことになるだろう。そして、イスラエルをかつてない成功へと導き続けるだろう」

得票率70%以上か

エルサレムで取材するBBCのバーバラ・プレット=アッシャー中東特派員によると、ネタニヤフ首相の圧勝は予測されていた。しかし、リクード党における自分の支配力が今も強固なままであることを、今回の党首選で示したかった首相は、精力的に選挙キャンペーンを行ったという。

投票日当日は悪天候に見舞われたが、ネタニヤフ首相はフェイスブックの生放送に登場し、投票所へ行くよう呼びかけていた。

ある出口調査によるとネタニヤフ氏の得票率は70%以上だったと、地元メディアが報じた。

贈収賄など3件で起訴

首相在任期間が歴代最長のネタニヤフ首相をめぐっては、実業家から贈答品を受け取った疑いや、便宜を図る代わりに自分に好意的な記事を掲載するようメディア幹部に求めた疑いが浮上。

同国の司法当局が先月、首相を収賄と詐欺、背任の疑いで起訴した。

ネタニヤフ首相は不正行為を否定しており、起訴は自分に対する政治的な「魔女狩り」だと反論している。

1年足らずで3度の総選挙

ネタニヤフ氏は、来年3月に、1年足らずで3度目となる総選挙を控えている。

今年4月と9月に実施された総選挙では、リクード党は、元軍参謀総長のベニー・ガンツ氏(60)率いる中道野党連合「青と白」と拮抗(きっこう)し、いずれの党も過半数議席を獲得できなかった。

(英語記事 Netanyahu hails 'huge win' in leadership challenge

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50921604

関連記事

新着記事

»もっと見る