BBC News

2020年9月4日

»著者プロフィール

映画製作会社ワーナー・ブラザーズは3日、新作映画「バットマン」の撮影を再び中断したと発表した。米メディアは、主演のロバート・パティンソン氏(34)が新型コロナウイルス検査で陽性と判明したためと報じている。

年初からイギリスで進められていた「バットマン」の撮影は、新型ウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)で中断。数日前に、およそ6カ月ぶりに再開されたばかりだった。

ワーナー・ブラザーズは、制作チームの1人が自主隔離していると述べたが、それが誰なのかは明らかにしていない。

同社の広報担当者は、「バットマン制作チームの1人がCOVID-19検査で陽性と判明し、当局の支持に従って隔離を行っている。撮影は一時中断された」と説明している。

一方、米誌ヴァニティー・フェアは、ロンドンで撮影が再開された数日後に、パティンソン氏の感染が確認されたと伝えた。

パティンソン氏はこの件についてコメントしていない。

<関連記事>

「バットマン」の最新作は2021年6月に公開予定だったが、すでに10月に延期されることが決まっている。

マット・リーヴス氏が監督を務める今作は、パティンソン氏にとって初のバットマン役。同役はこれまで、ジョージ・クルーニー氏やベン・アフレック氏、クリスチャン・ベイル氏など複数の俳優が演じてきた。

パティンソン氏は8月公開(日本は9月公開)のクリストファー・ノーラン監督映画「テネット」にも出演している。

(英語記事 Batman filming halted after 'Pattinson Covid test'

提供元:https://www.bbc.com/japanese/54022316

関連記事

新着記事

»もっと見る