BBC News

2022年5月4日

»著者プロフィール

アメリカで女性が人工中絶を選ぶ権利を認めた過去の連邦最高裁判例を覆す内容の最高裁の判決草案が外部に流出したことについて、ジョン・ロバーツ最高裁長官は3日、この文書が本物だと認めた。ただ、最高裁の最終的な立場を示すものではないとしている。

ロバーツ最高裁長官は声明で、多数意見草案の流出は「特異で重大な違反」行為だとし、情報漏洩の調査を開始するよう指示したと説明。裁判所の業務には「何ら影響はない」と付け加えた。

最高裁の判決草案が公表前に外部に漏れるのは、現代において前例がない。

アメリカでは、1973年の「ロー対ウェイド」事件に対する最高裁判決が、女性の人工中絶権を認める歴史的な判例となっている。そのため、中絶に反対する勢力と、女性の選択権を堅持しようとする勢力が長年、この判決をめぐり争ってきた。

米政治ニュースサイト「ポリティコ」は2日、リークされた最高裁文書の内容を報じた。多数意見を反映したものとみられ、サミュエル・アリート最高裁判事がこの「ロー対ウェイド」判決について、判決は「はなはだしく間違っている」と書いている。

これは2月に裁判所内で回覧されたもので、「第1稿」と記されている。判事たちの意見が起草段階で変わることはあるが、「ロー対ウェイド」判決が覆されれば、アメリカの約半数の州で中絶が禁止される可能性がある。

全米最大の生殖医療サービス提供者「家族計画(Planned Parenthood)」の調査では、「ロー対ウェイド」判決が破棄された場合、3600万人の女性が中絶の機会を失う可能性があることが示されたという。同団体は「安全で合法的な中絶にアクセスする権利を守るために、死に物狂いで戦い続ける」としている。

ジョー・バイデン米大統領は、「(ロー対ウェイド判決から)50年がたったいま、女性に選択する権利を持たせないという判断を下そうとしていることを、非常に懸念している」と述べた。

また、最高裁が草案通りに判決を下せば、中絶以外に関する自由にも問題が生じる可能性があるとしている。

アリート最高裁判事はリークされた文書の中で、いくつかの権利は合衆国憲法に明記されているとした一方で、中絶へのアクセスといったほかの権利については「列挙されていない権利」だと書いている。

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、同性婚や体外受精、避妊などについても同様の主張が続く可能性があると指摘する。

<関連記事>

多数意見草案は、ミシシッピ州が妊娠15週以降の人工中絶を禁止したことを争う訴訟に関するもの。連邦最高裁は今年6月下旬か7月初めまでに、この訴えについて判断を示す見通し。

13の州ではすでに、今夏に「ロー対ウェイド」判決が覆された場合に自動的に中絶を禁止する、いわゆるトリガー法が成立している。ほかの多くの州でもこうした法律が成立するとみられる。

オクラホマ州知事は3日、昨年テキサス州で可決された法律に基づく中絶禁止法案に署名し、同州法が成立した。これは個人に対し、妊娠6週目以降の中絶をほう助した人物を提訴する権利を認めるもの。妊娠6週目では、多くの女性が妊娠を自覚していない。

市民の反応

ミズーリ州のステイシー・ショーさん(39)は、「個人的には中絶支持者ではないが、人は選ぶ権利を持つべきだと思う」と話す。

「中絶を法制化し、規制しようとする人たちは自分たちは生命尊重派だと言っているが、彼らが議論しているのは生まれる前の赤ちゃんの命だけで、生まれた後の赤ちゃんの命については触れていない。中絶を規制しようとする人たちは、学校の予算削減も望んでいる。(中略)命を守りたいなら、生まれた後の命に目を向ける必要がある」

「ロー対ウェイド」判決を覆すという正式な判断が下されたとしても、予想外の妊娠に直面する人はいなくならないと、テキサス州のキャサリン・ニックスさん(58)は言う。

「中絶が合法だろうと違法だろうと、支援が受けられることがわかっていれば、喜んで子どもの命を選択する女性は大勢いるはず」

ニックスさんは、予定しない妊娠をした人と話をし、そうした人たちに必要なリソースを提供するなどの支援活動を行っている。「妊娠6週未満の命だろうと、13週目の命だろうと、受胎時の命だろうと関係ない。罪のない全ての人間の命を守ることが、私たちの仕事なので」。

カトリック教徒の家庭で育った、ペンシルヴェニア州のケリー・デヴァインさん(40)は、中絶はいけないことで殺人だと考えていたという。「けれども、大人になってからは女性が中絶する権利を100%支持している。中絶は医療行為で、女性自身の体に関する個人の決定なので」。

(英語記事 Abortion ruling leak is genuine, says top US court

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61303538

関連記事

新着記事

»もっと見る