2022年10月6日(木)

BBC News

2022年9月9日

»著者プロフィール

北朝鮮の最高人民会議は8日、核兵器保有国だと公式に宣言する法令を採択した。核兵器の使用条件なども盛り込まれている。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が9日に報じた。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は、この決定は「不可逆的」だとし、非核化交渉の可能性を排除した。

この法令では、自国を守るために先制核攻撃を行う権利についても明文化されている。

西側諸国から厳しい制裁を受けているにもかかわらず、北朝鮮は2006年から2017年の間に核実験を6回実施。

国連安全保障理事会の決議に違反して軍事力を増強し続け、近隣諸国を脅かしている。アメリカ本土を射程範囲に収めている可能性さえある。

<関連記事>


金総書記は2018年と2019年の2度にわたり、ドナルド・トランプ米大統領(当時)と首脳会談を行い注目を集めたものの、非核化について結論は出なかった。会談後の2019年、金氏は長距離ミサイルの発射実験や核実験を実施した。

米朝の非核化交渉はその後、停滞したままだ。ジョー・バイデン政権は北朝鮮側と対話する意思があるとしているが、バイデン大統領が金氏と面会するつもりなのかは明言していない。

ホワイトハウスはまた、新型コロナウイルスの大流行を受け、援助を申し出ようと北朝鮮政府に連絡を試みたが、今のところ返答はないとしている。

アメリカは昨年、対北朝鮮政策を見直し、朝鮮半島の「完全な非核化」が目標だと改めて表明。バイデン氏は外交と「厳格な抑止力」を組み合わせて非核化を追求していくと述べた。金氏はこれに対し、「対話と対決」の両方に備える必要があるとした。

こうした中、北朝鮮は今年に入って過去最多の弾道ミサイルの発射実験を行っており、朝鮮半島の緊張は高まっている。

韓国とアメリカはこうした事態を受け、ミサイルの発射実験を相次ぎ実施し、ここ数年で最大規模の合同軍事演習を行うなど、対抗姿勢を示している。

(英語記事 North Korea declares itself a nuclear weapons state

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62846835

新着記事

»もっと見る