2022年9月27日(火)

BBC News

2022年9月16日

»著者プロフィール

アメリカで、中南米からの移民が押し寄せている南部の州と、連邦政府や北部の都市などとの政治的対立が深まっている。15日にはカマラ・ハリス副大統領の公邸近くに、移民を乗せたバス2台が、南部テキサス州から送り込まれた。

米FOXニュースの映像では、2台のバスが副大統領公邸近くに到着。移民たちは荷物をまとめ、付近に立っている。バスには、主にベネズエラからの移民75~100人が乗っていたとされる。移民らはその後、非政府組織が教会に移動させたという。

テキサス州のグレッグ・アボット知事(共和党)は、意図してバスを送ったとツイッターで説明。「ハリスはこの国の国境は『しっかり管理している』とし、危機を否定している」、「バイデン政権が仕事をし、国境をしっかり管理することを求めて、私たちは彼女の裏庭に移民を送り込む」とし、移民政策の厳格化を訴えた。

共和党が知事を務める南部テキサス、アリゾナなどの州は、民主党の市長が治めるシカゴ、ニューヨーク、首都ワシントンなどの都市を、移民法をしっかり執行していないと非難。移民数千人を、それらの都市に送り込んでいる。

14日にはフロリダ州が、富裕層のリゾート地となっているマサチューセッツ州マーサズ・ヴィンヤード島に移民を送り込んだ。

法律の専門家らは、こうした戦術は法廷で争われる可能性が高いとしている。ただ、どういう法的根拠で争うのかは不明だ。

首都ワシントンやマーサズ・ヴィンヤードの移民団体は、移民の到着について事前警告はなかったとしている。

どこにいるのかもわからず

首都ワシントンに到着したバスには、ベネズエラ出身の若いカップルがいた。中米とメキシコを経て、5日前にアメリカに入国したという。

テキサス州の当局者からは、ワシントンに向かうと告げられたという。だが、副大統領公邸の近くに来たことは、記者に言われて初めて知ったいう。

カップルの1人、メイベルさんは、「私たちは宙ぶらりんの状態だ。どこにいるのかもわからないまま、ただ歩き回るところだった」と話した。

2人はワシントンの人道支援団体で1日過ごし、家族が住むニューヨークへ移動する予定だという。

キューバ人のレオナルド・ペルドモさんは、テキサス州で当局から「無料で」ワシントンまで行けると言われ、バスに乗り込んだとロイター通信に説明した。

移民を支援する現地ボランティアのカーラ・ブスティヤスさんは、「私たちがこの政治ショーを繰り広げている間に、人々は自分たちの苦しみが利用されていると感じている」と、同通信に話した。

マサチューセッツ州マーサズ・ヴィンヤードには14日、移民を乗せた航空機2機が送り込まれた。ハリウッドスターの避暑地であり、バラク・オバマ元大統領も別荘を構えている島だ。

同州上院のジュリアン・シア議員(民主党)によると、子どもを含む移民たちは、何の前触れもなく午後3時ごろに到着した。移民たちは、当局やボランティアから食料や衣類を与えられ、新型コロナウイルスの検査も受けたという。

同州下院のディラン・フェルナンデス議員(民主党)は、移民たちの多くが自分はどこにいるのかわかっていなかったとツイートした。住まいと仕事を与えられると、出発前に聞かされていたという。

同議員は、「人間の命、男性と女性と子どもの命を政治の駒として」利用しようとする「邪悪で非人道的な」な行為だと批判した。

一方、フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)は、移民が「より緑の多い場所」に行けるように移動に協力すると、州内の行事で述べた。

デサンティス知事は昨年、移民をマーサズ・ヴィンヤードに送れば、「国境は次の日にはしっかり管理される」と記者団に話していた。フロリダ州議会は今年、移民を輸送するために1200万ドル(約17億円)を計上している。

同州が何人の移民を他州に送る予定なのかは不明。BBCはデサンティス知事の事務所にコメントを求めている。

(英語記事 Texas sends migrants to vice-president's residence

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62924758

新着記事

»もっと見る