ショーゼンさんの 川柳いろは教室

2013年6月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

杉山昌善 (すぎやま・しょうぜん)

1943年生まれ。川柳は川柳作家・時実新子氏に師事、テレビ・雑誌などさまざまな媒体で選者を務めるほか、都内を中心に川柳教室などを開く。著書に『今日から始める現代川柳入門』、『60歳からの新しい川柳』(実 業之日本社)ほか。

「ひととき旅川柳」コーナー
東海道・山陽新幹線グリーン車に搭載されている旅情報誌「ひととき」では、ショーゼンさんが選者をつとめる「ひととき旅川柳」を募集しています。
入選句は「ひととき」のほか、このウェブ連載の場でも発表していきます。

6月号 入選句発表

 お題は「味」でした。旅先の美味に人生の苦味。人生は味わうことで面白くなります。

  駅弁は父の土産と同じ味      滝川節子さん(愛知県・63歳)
  空気にも味があること知った旅   船岡五郎さん(東京都・66歳)
  敗北を酢味噌で和えている夕べ  田岡 弘さん(香川県・70歳)

〔総天、百貨店の全国有名駅弁大会で求めたお弁当でしょうか。「あ、これお父さんのお土産の味だ」。懐かしい発見でした。地、「空気の味」が利いています。旅先ごとに出会う美味しい空気を深呼吸。人、「敗北」と「酢味噌」の組み合わせが絶妙です。「和えている」の動作の中に哀愁が。

次号のお題は「器」

次号のお題は「器」です。5・7・5の17音字でお詠みください。

お題  : 「器」
締切 :2013年6月20日(メールは当日中、はがきは当日消印有効)

入選句は2013年9月号(8/20発行)の読者コーナーで発表の予定です。応募はオリジナル作品に限ります。入選者には東京・浅草「ふじ屋」の「染め絵手ぬぐい」(写真)またはクオカードを差し上げます。下記宛先までふるってご応募ください!

宛先
【ハガキ】
株式会社ウェッジ ひととき編集部 
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町一丁目3番地1 
NBF小川町ビルディング3階
【メール】
tabisenryu●wedge.co.jp
(●部分を@に変えてください)

関連記事

新着記事

»もっと見る