ブルキナファソ見聞録

2013年6月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡田綾 (おかだ・あや)

JICA職員

1982年兵庫県西宮市生まれ。小学校6年生のときに阪神・淡路大震災を経験。2005年京都大学文学部社会学科、2007年同大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程修了。環境やコミュニティ防災について学ぶ。就職活動では、「その人自身のせいではないが、理不尽な境遇におかれてしまった人のために仕事をしたい」と考え、他の関心事項であった「途上国・国際協力」も満たす組織として、独立行政法人国際協力機構(JICA)を志望し、2007年入構。地球環境部、広報室などを経て、アフリカ勤務を希望し、2012年12月よりブルキナファソ事務所に赴任。

 メディア周りをすればするほど悶々とした気持ちが募る。

腰を据えて話してみると…

 そうこうして、この国におけるメディアの意味って何なのだ、と思い始めた頃、民間のラジオ局を訪問。いつものごとく事態は好転せず、どのメディアもやはり同じ考え方なのかという確信を強めるばかりだったのだが、対応してくれたディレクターが3月の取材に来てくれた人であり面識があったという気軽さも手伝って、いつもより腰を据えて話してみようと思った。

 筆者「取材費を毎回払うというのは難しいのですが、どのように取材テーマを決めているのですか。特にご関心のある分野や観点があれば、それを中心に情報提供もしますし、取材に来ていただける可能性を広げたいのですが」

 ディレクター「同じ日に異なる取材テーマがあったとします。お支払がなければ行く約束はできませんし、あなた方がいくら取材に来てほしいと思っても、もう一方の方へ行くかもしれませんよ」

 確実に報道してほしいなら、やはり支払い、ということらしい。

 筆者「ええ、当然です。毎日たくさんの取材候補がある中から、どれを取材するか判断するのはメディアの方々だと考えています。だからこそ私達も選んでいただけるようより意味のある情報をお伝えしたいと考えています。取材費を支払って毎回確実に来てもらう、という状況を希望している訳ではありません。報道する価値のあるものをメディアが判断して、伝えるべき内容を伝える、それがジャーナリズムではないのですか」

 取材に来てくれないと困る、という回答を想定していたのだろうが、取材に来てもらえない時があってもそれは当然です、と答えたのがディレクターにとっては驚きだったようだ。最後の一言は素人がメディアの方に対して言うには失礼だったと反省したものの、ディレクターはとまどいながらも、「ええ、その通りですね」と答えてくれた。

 すぐに状況が変わる訳ではなさそうだが、これまでの訪問先とは、少し違う反応である。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る